『 LD77MH 』 内のFAQ

59件中 31 - 40 件を表示

前へ 4 / 6ページ 次へ
  • インチング

    “Cd.16 インチング移動量”を設定後、正転JOG始動信号、または逆転JOG始動信号をONしてください。

    • FAQ番号:11891
    • 公開日時:2012/03/21 10:39
  • 簡易の押し当て

    押し当て対象物の先を目標値とした位置制御で、トルク制限値を低くして始動します。押当て対象物に押し当たり、 “Md.108 サーボステータス”のトルク制限中がONしたところで軸停止をしてください。押当て対象物に押し当たったとき速度が速いと、誤差過大エラー(エラーコード:2052)となることがあります。最後に“Md...

    • FAQ番号:11875
    • 公開日時:2012/03/21 10:39
  • トルク制限

    設定されるタイミングが異なります。 Pr.17 「トルク制限設定値」--- 大本のトルク制限値でシーケンサレディON時に有効になります。 Cd.101 「トルク出力設定値」--- 設定値が0以外の場合、位置決め始動時に有効になるトルク制限値です。 ・Pr.17 トルク制限設定値以下の範囲で上書きして使用しま...

    • FAQ番号:11911
    • 公開日時:2012/03/21 10:39
  • 緊急停止

    “Pr.82 緊急停止有効/無効設定”を「1:無効」にすると、緊急停止信号を配線しなくても緊急停止になりません。

    • FAQ番号:11873
    • 公開日時:2012/03/21 10:39
  • トルク制限値変更

    JOG運転中、停止中に関係なくトルク制限値を変更することができます。“Cd.22 トルク変更値/正転トルク変更値”に変更値を設定してください。

    • FAQ番号:18438
    • 公開日時:2015/04/03 11:02
  • エラー106

    エラー106は、停止指令がON状態で始動要求を行ったときに出るエラーです。軸停止信号による停止指令がOFFであることを確認して、軸エラーリセットを行い、始動信号をONしてください。

    • FAQ番号:17714
    • 公開日時:2013/10/23 08:05
  • エラー1205

    エラー1205(SSCNET通信異常)は、サーボアンプから受信したデータが異常な場合に出るエラーです。 <サーボパラメータ “PA14 回転方向選択/移動方向選択” を変更した場合> ・原点復帰をやり直してください。 <サーボパラメータ “PA14 回転方向選択/移動方向選択” を変更していない場合> ・SS...

    • FAQ番号:18645
    • 公開日時:2015/04/13 18:08
  • 原点アドレス

    原点復帰基本パラメータ“Pr.45 原点アドレス(72+150n,73+150n)”に設定してください。 2ワード単位で設定し、シーケンサレディ信号 OFF→ON 時の値が有効になります。 ※n=軸No.-1

    • FAQ番号:16128
    • 公開日時:2012/08/24 19:53
    • 更新日時:2018/05/28 11:26
  • degree軸の位置決め

    インクリメンタル方式を使用して下さい。①315度から0度経由で45度への移動移動量が正の場合は時計回りとなります。(現在値の増加方向に移動)②45度から0度経由の315度への移動移動量が負の場合は反時計回りとなります。(現在値の減少方向に移動) (参考)(1)インクリメンタル方式による位置決め制御の場合、移動量...

    • FAQ番号:15941
    • 公開日時:2012/07/06 08:54
  • degree軸

    (1) アブソリュート方式の場合 ・ソフトウェアストロークリミット無効時 位置決め方向は、Cd.40 degree時ABS方向設定により決まります。  0:現在値と指定アドレスが近い方向に移動します。(近回り)  1:ABS右回りをします。  2:ABS左回りをします。 ・ソフトウェアストロークリミッ...

    • FAQ番号:11906
    • 公開日時:2012/03/21 10:39

59件中 31 - 40 件を表示