• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 三相モータ 』 内のFAQ

249件中 91 - 100 件を表示

前へ 10 / 25ページ 次へ
  • 米国EISA法対応モータの480V 60Hz使用可否について

    米国EISA法の認証取得品のため、名板記載の電圧でご使用ください。480V 60Hzに対応した米国EISA法認証取得済み製品がございますので、480V 60Hzでご使用の場合はその製品をご使用願います。

  • 鉄損とは

    主に固定子の鉄心に発生する損失で、ヒステリシス損と渦電流損に分離できます。いずれも磁束密度が変化すると発生します。

    • FAQ番号:19060
    • 公開日時:2015/10/28 09:28
    • カテゴリー: 三相モータ
  • トップランナーモータと標準効率モータの効率比較について

    各製造メーカや機種によって差がありますが、従来機種の効率レベルは概ねIE1相当であり、トップランナー対応のIE3では、2~5%程度効率アップしています。

    • FAQ番号:18731
    • 公開日時:2015/06/23 17:33
    • カテゴリー: SF-PR
  • 実負荷法とは

    モータを負荷運転させて効率を測定する方法です。より実運転に近い結果が得られます。

    • FAQ番号:19064
    • 公開日時:2015/10/28 09:28
    • カテゴリー: 三相モータ
  • ベクトルモータSF-V5RUのスライドベースについて

    総合カタログに掲載のスライドベースは、ベクトルモータSF-V5RUにも使用可能です。わく番号に合わせて選定してください。

    • FAQ番号:19067
    • 公開日時:2015/11/02 09:33
    • カテゴリー: SF-V5RU
  • 200V級モータのインバータサージ対策について

    モータをインバータで駆動した場合、配線条件によってはインバータのスイッチングにより、インバータとモータ間の配線インダクタンスと浮遊容量による共振からサージ電圧が発生します。そのサージ電圧は220Vで622V、440Vで1250Vとなります。一般的なモータの許容サージ電圧は850V以下のため、200V級モータにはイ...

    • FAQ番号:18517
    • 公開日時:2015/04/10 13:30
    • カテゴリー: SF-PR  ,  SF-HR  ,  SF-JR
  • 中国高効率規制対応モータのCCC認証について

    380V/50Hzの2極:0.75kW〜2.2kW、4極:0.75kWにて取得しております。

  • 力率の測定方法

    パワーメータにて電流と電圧の位相差を確認する方法が一般的です。

    • FAQ番号:19074
    • 公開日時:2015/10/28 09:29
    • カテゴリー: 三相モータ
  • SF-PR標準モータの壁取付軸上使用可否について

    SF-PR標準モータを壁取付軸上ではご使用いただけません。プレロードスプリングの組替え、ファンの落下防止が必要ですので、必ず壁取付軸上専用品をご注文ください。

    • FAQ番号:18530
    • 公開日時:2015/04/14 17:27
    • カテゴリー: SF-PR
  • AF-SHRのインバータ駆動可否について

    AF-SHRは商用電源でのみ安検を取得しており、インバータとの組合せでの安検は取得しておりません。異なる電源でモータを使用することは認められておりませんので、インバータ駆動はできません。

    • FAQ番号:17265
    • 公開日時:2013/03/29 10:00
    • カテゴリー: AF-SHR

249件中 91 - 100 件を表示