• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 三相モータ 』 内のFAQ

243件中 71 - 80 件を表示

前へ 8 / 25ページ 次へ
  • MEPSについて

    MEPSとは、海外の高効率法規制で最も広く取り入れられている方式で、Minimum Energy Performance Standard(最低エネルギー消費効率基準)の略語です。

    • FAQ番号:19044
    • 公開日時:2015/09/03 09:12
    • カテゴリー: SF-PR
  • アース端子の有無について

    端子箱内部の座面にアースマークが刻印されており、その近傍にアース用ネジがあります。

    • FAQ番号:17285
    • 公開日時:2013/03/29 10:00
    • カテゴリー: SF-PR  ,  SF-HR  ,  SF-JR
  • 同一枠番でも仕様が異なる場合の外観・寸法について

    仕様により外観が異なる場合もありますので、詳細は納入図でご確認ください。

    • FAQ番号:17274
    • 公開日時:2013/03/29 10:00
    • カテゴリー: SF-PR  ,  SF-HR  ,  SF-JR
  • フレームの許容温度について

    試験成績表の温度上昇値を基準としてください。試験成績表の外枠(フレーム)に記載の温度上昇値に周囲温度を加算した値が許容値となります。(標準の許容周囲温度は40℃になります)

    • FAQ番号:18472
    • 公開日時:2015/03/31 16:55
    • カテゴリー: SF-PR  ,  SF-HR  ,  SF-JR
  • インバータ絶縁強化未実施のモータのインバータ駆動について

    200V級モータであれば対策は不要です。400V級モータの場合、モータへのサージの影響を低減するため、インバータとモータ間の配線でのサージ対策(例えばフィルタなど)をご検討願います。

    • FAQ番号:18518
    • 公開日時:2015/04/02 14:42
    • カテゴリー: SF-PR  ,  SF-HR  ,  SF-JR
  • キー溝について

    キー溝の寸法許容差は普通形(N9)です。

    • FAQ番号:18471
    • 公開日時:2015/03/31 16:54
    • カテゴリー: SF-PR  ,  SF-HR  ,  SF-JR
  • 巻線温度の測定方法

    巻線内に埋め込んだ温度センサーから測定する方法と、巻線抵抗を測定し温度を計算する手法があります。

    • FAQ番号:19073
    • 公開日時:2015/09/30 12:57
    • カテゴリー: SF-PR
  • 200V級モータのインバータサージ対策について

    モータをインバータで駆動した場合、配線条件によってはインバータのスイッチングにより、インバータとモータ間の配線インダクタンスと浮遊容量による共振からサージ電圧が発生します。そのサージ電圧は220Vで622V、440Vで1250Vとなります。一般的なモータの許容サージ電圧は850V以下のため、200V級モータにはイ...

    • FAQ番号:18517
    • 公開日時:2015/04/10 13:30
    • カテゴリー: SF-PR  ,  SF-HR  ,  SF-JR
  • すべりについて

    負荷が大きい場合です。すべりが大きくなるとトルクが大きくなります。負荷が大きいほど大きなトルクが必要なためすべりが大きくなります。

    • FAQ番号:18495
    • 公開日時:2015/03/31 17:42
    • カテゴリー: SF-PR  ,  SF-HR  ,  SF-JR
  • 軸のネジ加工について

    負荷側軸の先端にネジ加工はしていません。センター穴(シャフトを加工する時にできるもの)はついています。

    • FAQ番号:18488
    • 公開日時:2015/03/31 17:00
    • カテゴリー: SF-PR  ,  SF-HR  ,  SF-JR

243件中 71 - 80 件を表示