• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 ギヤードモータ 』 内のFAQ

101件中 51 - 60 件を表示

前へ 6 / 11ページ 次へ
  • インバータ駆動時、インバータ出力側にブレーキを結線

    インバータ駆動時はインバータの2次側へ接続せず、商用電源を経由した別切り、または早切り結線を行ってください。始動時の低電圧によるブレーキ動作遅れ、PWM波形による電源装置内部の素子破損が発生します。

    • FAQ番号:11809
    • 公開日時:2012/02/23 22:52
    • カテゴリー: GM-Sシリーズ
  • 周囲温度特殊品の対応範囲について

    周囲温度特殊品は下記対応となります。低温(周囲温度-15℃~-30℃) ・・・対象機種 GM-S、D、LJ、SSY、SHY形高温(周囲温度40℃~60℃)・・・・・・GM-D、LJ形詳細は弊社へご照会ください。

  • CEマーキングについて

    EUで販売する製品には基準適合マーク(CE マーク)を表示する必要があります。 CE マーキングによって製品が分野別のEU指令や規則に定められる必須要求事項(Essential Requirements)に適合したことを示します。 要求事項の大半は製品安全性に係る事項ですが、近年RoHS指令およびエコデザイン...

  • ギヤードモータの出力軸センターハイトについて

    ギヤードモータのセンターハイト公差は0~-0.5mmで製作されていますので、正確な調整を要する場合にはシムによる調整を 行ってください。

    • FAQ番号:19910
    • 公開日時:2018/03/20 15:10
    • 更新日時:2018/03/20 15:23
    • カテゴリー: ギヤードモータ
  • 中国CCC認証品のワンタッチ手動解放ブレーキの対応について

    ワンタッチ手動解放ブレーキ付はCCC認証を取得していませんので、0.1~0.75kWについては中国への輸出ができません。

    • FAQ番号:17987
    • 公開日時:2014/03/05 14:48
    • カテゴリー: GM-Sシリーズ
  • 油潤滑機種でインバータ駆動時の使用可能周波数範囲

    油潤滑機種(GM-D、LJ形)は潤滑不良による歯車磨耗、軸受破損を防ぐため使用可能周波数範囲を制限しています。連続運転の場合、25Hz以下での運転は行わないで下さい。使用可能周波数範囲は出力により異なりますので総合カタログを参照ください。GM-DZ形(インバータ駆動V/F定トルク機種)は低速域でも使用できるようグ...

    • FAQ番号:11810
    • 公開日時:2012/02/23 22:52
    • カテゴリー: GM-Dシリーズ
  • 海外高効率規制

    ギヤードモータは減速機と一体品であることから、規制対象となっていません。 但し、ポンプ、ファン用途では対象となります。

  • オイル潤滑機種の取付について

    GM-D形でオイル潤滑機種のフランジ取付は給油栓とエアーブリーザを入れ替えることで立形・横形いずれの取付も可能です。 穴のあいたエアーブリーザを上部に取り付けてご使用ください。

    • FAQ番号:19911
    • 公開日時:2018/03/20 15:12
    • カテゴリー: GM-Dシリーズ
  • ギヤードモータの据付について

    ギヤードモータを据え付ける台床は振動や調整不良とならないよう十分強固な取付面が必要です。 台床の厚さは締付ボルトの直径以上の厚さを確保ください。

  • ブレーキ惰行時間について

    ブレーキ結線により制動時の惰行時間が異なります。 同時切り時は0.2~0.55秒、別切り時は0.1~0.3秒、早切り時は0.01~0.04秒で制動時間に移行します。 昇降用途では早切り結線を推奨します。

101件中 51 - 60 件を表示