• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 GM-Dシリーズ 』 内のFAQ

6件中 1 - 6 件を表示

前へ 1 / 1ページ 次へ
  • 三相モータの結線について

    3.7kW以下の三相誘導モータは3本のリード線が出ていますので、それぞれをU-R、V-S、W-Tと結線ください。逆回転とする場合は2本のリード線を差し替えてください。5.5kW以上はスターデルタ結線です。結線方法については、取扱説明書、または総合カタログを参照願います。

    • FAQ番号:11797
    • 公開日時:2012/02/23 22:52
  • ブレーキ過励磁電源装置とは

    過励磁方式とは電源投入時のみ過大な電流を与えブレーキを解放し、その後少しの電流で保持する方法です。連続運転時の電流を抑え、惰行時間を短くできますが、複雑な回路が必要となります。(当社GM-DB形5.5、7.5kWのブレーキ電源装置で採用)

    • FAQ番号:11805
    • 公開日時:2012/02/23 22:52
  • サービスファクタについて

    減速機部の大きさは、被動機により異なる種々の荷重条件を考慮し、定常的荷重条件に換算した出力相当の機械的強度を持つものを選定する必要があります。 定常荷重条件に換算した出力(kW)=所要動力×サービスファクタ

    • FAQ番号:11788
    • 公開日時:2012/02/23 22:52
  • 油潤滑機種で25Hz以下の運転ができない理由

    油潤滑機種では減速機内の潤滑油を歯車による跳ね上げにより供給しています。従って、25Hz以下では上部歯車、軸受に給油できなくなり、焼き付け、潤滑不良の原因となります。(GM-D、LJ形)

    • FAQ番号:11813
    • 公開日時:2012/02/23 22:52
  • オイル潤滑機種の取付について

    GM-D形でオイル潤滑機種のフランジ取付は給油栓とエアーブリーザを入れ替えることで立形・横形いずれの取付も可能です。 穴のあいたエアーブリーザを上部に取り付けてご使用ください。

    • FAQ番号:19911
    • 公開日時:2018/03/20 15:12
  • 油潤滑機種でインバータ駆動時の使用可能周波数範囲

    油潤滑機種(GM-D、LJ形)は潤滑不良による歯車磨耗、軸受破損を防ぐため使用可能周波数範囲を制限しています。連続運転の場合、25Hz以下での運転は行わないで下さい。使用可能周波数範囲は出力により異なりますので総合カタログを参照ください。GM-DZ形(インバータ駆動V/F定トルク機種)は低速域でも使用できるようグ...

    • FAQ番号:11810
    • 公開日時:2012/02/23 22:52

6件中 1 - 6 件を表示