ここから本文

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 機器用遮断器 』 内のFAQ

25件中 1 - 10 件を表示

前へ 1 / 3ページ 次へ
  • イナーシャルディレイについて

    トランスやランプ負荷などの突入電流で不要動作しないように工夫された装置です。定格電流の20倍(パルス時間8ms)の波高値の非繰り返し1発の突入電流に耐えます。瞬時及びDC用には付加できません。 詳細表示

    • FAQ番号:18271
    • 公開日時:2014/09/19 10:30
  • 遮断器の使用周囲温度

    ノーヒューズ遮断器だけでなく漏電遮断器・漏電リレー・サーキットプロテクタなども含めて使用周囲温度は−10℃〜40℃の範囲で使用してください。(ただし、24時間の平均値が35℃を超えないこと。) 尚、遮断器の過電流引きはずし特性は、基準周囲温度を40℃として調整出荷しています。 (サーキットプロテクタや安全ブレーカ... 詳細表示

    • FAQ番号:12690
    • 公開日時:2012/02/24 21:21
  • CP30-BAのトリップテスト

    CP30-BAはトリップボタンを装備しておりません。(AL付の場合も同じ)CP30-BAに過電流を通電して、トリップさせてください。 詳細表示

    • FAQ番号:18600
    • 公開日時:2015/03/24 14:29
  • イナーシャルディレイ付をDC回路に使用

    イナーシャルディレイは内部にはずみ車を使用して、AC回路の1発目の突入電流による不要動作を防止しています。 したがって、DC回路に使用すると長限時領域の過電流引きはずし不可となるおそれがあるため使用不可となります。 詳細表示

    • FAQ番号:20011
    • 公開日時:2018/04/23 15:08
  • MTBF(MTTF)について

    サーキットプロテクタは非修理系機器のため、MTBF(平均故障間隔)ではなくMTTF(平均故障寿命)で表します。 MTTFの値は下記となります。 ・CP30-BA:33185年 ・CP-S:40784年 詳細表示

    • FAQ番号:37910
    • 公開日時:2020/07/15 15:56
  • DC24V回路への適用

    交流の単相100V、単三200V専用品です。DC回路への使用はできません。 詳細表示

    • FAQ番号:17594
    • 公開日時:2013/07/23 11:29
  • アークスペース

    安全ブレーカ、安全ブレーカ形漏電遮断器のアークスペースは0です。排気口はありません。 詳細表示

    • FAQ番号:17596
    • 公開日時:2013/07/23 11:31
  • 故障率について

    サーキットプロテクタの故障率は下記となります。 ・CP30-BA:3.44Fit ・CP-S:2.80Fit 詳細表示

    • FAQ番号:20009
    • 公開日時:2018/05/18 08:53
    • 更新日時:2020/07/15 11:45
  • CP30−BAのCCC認定品

    2006年6月生産分から、標準品でCCC認証マーク付きとしています。 また、CURUS(UL1077 Recognized)認証やTUV認証も取得しており、各認証マーク表示やCEマーキング表示もしています。 詳細表示

    • FAQ番号:12835
    • 公開日時:2012/02/24 21:21
  • CP30-BA 名板から仕様の判別

    詳細表示

    • FAQ番号:20008
    • 公開日時:2018/04/23 15:08

25件中 1 - 10 件を表示