ここから本文

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

ご質問内容

  • FAQ番号 : 11920
  • 公開日時 : 2012/03/21 10:39
  • 印刷

速度・位置切換え制御のCHANGE信号について

速度・位置切換え制御において、CHANGE信号が最初からONしていると速度制
御のままで位置制御に切り換わらない場合と、起動時から位置制御の場合がある。ど
うして2種類の現象が起きるのか教えてください。
カテゴリー : 

回答

起動時にCHANGE信号と速度・位置切換え許可指令によって以下の動作となります

CHANGE信号      速度・位置切換え許可指令 動作内容
A     OFF OFF          速度制御−>位置制御
B     ON OFF          速度制御だけ
C     OFF ON         速度制御−>位置制御
D     ON ON         位置制御だけ

起動時に、CHANGE信号だけONしていると、速度制御だけになります。起動時に
許可信号も同時にONしていると、位置制御だけになります。
シーケンスで許可信号をONするタイミングがサーボプログラムを起動した後になって
いると、モーションCPUが解読処理を実行するタイミングでBとDのどちらになるか
が変わります。
シーケンサCPUとモーションCPUは非同期で動作しています。従ってシーケンス
プログラムでサーボプログラムを起動してもモーションCPUの処理周期との関係です
ぐに解読処理が開始される場合と、そうでない場合があります。
シーケンスで許可信号をONした後でサーボプログラムを起動すれば、必ずDパターンになりま
す。
製品名
モーションコントローラ
製品分類
搬送・組立用
シリーズ
エンジニアリングソフトウェア
疑問・問題は解決されましたか?

解決されない場合はこちらよりご質問ください。

仕様・機能に関するお問い合わせ

アンケート:
ご意見をお聞かせください