ここから本文

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

ご質問内容

  • FAQ番号 : 11969
  • 公開日時 : 2012/03/21 10:39
  • 印刷

バックラッシュ補正量が大きいと、2035エラー

回答

バックラッシュ補正量が極端に大きいと指令方向が変化した時のバックラッシュ
補正処理によって過大な指令が1回出力されます。

例えば、補正量=8192PLSになっていると、1回のバックラッシュ補正処理によって
出力される指令は、

8192(PLS)÷0.003555(SEC)=2304360(PPS)

となり、指令速度が大きすぎる(1MPPSを超える)ため、2035エラー(データ異常)
が発生します。
このため、バックラッシュ補正量は下式の条件で設定して下さい。

1MPPS ≧{バックラッシュ補正量÷0.003555(SEC)}+{指令速度(PPS)×
0.003555(SEC)÷加速時間(SEC)}
製品名
モーションコントローラ
シリーズ
A17□S
疑問・問題は解決されましたか?

解決されない場合はこちらよりご質問ください。

仕様・機能に関するお問い合わせ

アンケート:
ご意見をお聞かせください