ここから本文

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

ご質問内容

  • FAQ番号 : 12786
  • 公開日時 : 2012/02/24 21:21
  • 印刷

単3中性線欠相保護付遮断器のテストボタン

単3中性線欠相保護付遮断器のテストボタンは何のテスト用ですか?
カテゴリー : 

回答

単3中性線欠相保護付遮断器にはノーヒューズ遮断器と漏電遮断器があります。
・ 単3中性線欠相保護付ノーヒューズ遮断器のテストボタンは、過電圧検出の動作確認用のテストボタンです。遮断器がON状態で電圧が印加されていれば、テストボタンを押すと過電圧モードでトリップするとともに、過電圧表示ボタンも突出します。
・ 単3中性線欠相保護付漏電遮断器のテストボタンは、漏電遮断器として規格上決められている漏電引き外し機構の確実な動作を確認するためのテストボタンです。遮断器がON状態で電圧が印加されていれば、テストボタンを押すと漏電モードでトリップするとともに、漏電・過電圧表示ボタンも突出します。
遮断器が逆接続の状態の時、遮断器がOFFやトリップ状態であっても、テストボタンを押すと過電圧モードまたは漏電モードで引きはずしコイルを励磁します。押し続けると引きはずしコイル(短時間定格です)が焼損するため、1秒以上押し続けないでください。
このようなケースが考えられる逆接続の場合にはMG付きを推奨します。メグ測定スイッチ付きにすると、遮断器がOFFまたはトリップの時には、過電圧検出または漏電検出電子回路やそれらの引きはずしコイルの電源はOFFになるため、焼損の問題はありません。
製品名
低圧遮断器
製品分類
単相3線回路専用遮断器
シリーズ
単3中性線欠相保護付ノーヒューズ遮断器, 単3中性線欠相保護付漏電遮断器

疑問・問題は解決されましたか?

解決されない場合はこちらよりご質問ください。

仕様・機能に関するお問い合わせ

アンケート:
ご意見をお聞かせください