• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

ご質問内容

  • FAQ番号 : 12913
  • 公開日時 : 2012/03/14 20:00
  • 印刷

トランスデューサの補助電源

補助電源有・無の製品がありますが、違いについて教えてください。
カテゴリー : 

回答

補助電源とは、トランスデューサを動作させるために必要な外部電源です。この補助電源によって、出力端子間に接続される負荷の大きさに影響なく安定した出力を行うことができます。
一方、一部のトランスデューサには補助電源なしで計測、出力が可能なものがあります。この補助電源不要のものは、負荷の大きさを固定しないと安定した出力が得られません。
接続される負荷が固定されている場合には補助電源なしのタイプを選択していただけますが、一般的な使われ方としては、補助電源を供給するタイプが大多数となっています。
また、補助電源なしのタイプでは、入力がゼロのときに出力がゼロではない仕様(4−20mA、1−5Vなど)が製作できません。
製品名 : 
電力管理用計器
シリーズ : 
トランスデューサ
疑問・問題は解決されましたか?

解決されない場合はこちらよりご質問ください。

仕様・機能に関するお問い合わせ

アンケート:
ご意見をお聞かせください