• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

ご質問内容

  • FAQ番号 : 14910
  • 公開日時 : 2012/03/28 21:11
  • 印刷

コイル特性について

S-N□、SD-N形のカタログ記載のコイル特性は、S-N□形の時はAC200V、SD-N形の時はDC100Vコイル時の値となっているが、その他のコイル呼びの場合はどうなりますか?
カテゴリー : 

回答

その他のコイル呼びの時は、概略以下により算出できます 。
 1.S-N□形(交流操作形)の場合
  (1)入力(瞬時、常時)消費電力:カタログ記載値とほぼ同一となります。
  (2)動作電圧:概略電圧比例となります。(AC100Vコイルの時(100÷200)×カタログ記載値)
  (3)コイル電流:概略 入力(瞬時、常時)÷印加電圧となります。
 2.SD-N□形(直流操作形)の場合
  (1)消費電力:カタログ記載値とほぼ同一となります。
  (2)動作電圧:概略電圧比例となります。(DC24Vコイルの時(24÷100)×カタログ記載値)
  (3)コイル電流:概略 消費電力÷コイル電圧となります。
  (4)コイル時定数:カタログ記載値とほぼ同一となります。
製品名
低圧開閉器
製品分類
電磁開閉器・電磁接触器
シリーズ
MS-N
疑問・問題は解決されましたか?

解決されない場合はこちらよりご質問ください。

仕様・機能に関するお問い合わせ

アンケート:
ご意見をお聞かせください