• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 センサレスサーボ 』 内のFAQ

97件中 21 - 30 件を表示

前へ 3 / 10ページ 次へ
  • SON信号とLX信号について

    [速度制御時]SON信号を設定した場合には、ONしないと運転できません(OFF時はベース遮断)。LX信号はONしなくても運転可能です。[位置制御時]どちらも常時サーボロック動作、OFFでベース遮断。RY信号を出力する条件が異なり、SON信号割付け時はSON信号をONで出力、LX信号割付け時は電源ONで出力します。

  • MM-GKRについて

    対応しておりません。

  • FR-E700EXについて

    200%です。

  • モータ駆動について

    センサレスPMモータMM-GKRは専用ドライブユニットE700EXでのみ駆動できます。 S-PMギヤードモータは専用ドライブユニットD700-Gでのみ駆動できます。 センサレスPMモータMM-CFは汎用インバータA700シリーズで駆動できます。

  • 商用電源駆動について

    出来ません。 磁極位置によっては回転する場合がありますが、過電流となるためサーマルで保護していない場合は 焼損する可能性がありますので絶対に行なわないでください。

  • FR-E720EXについて

    可能です。 ただし、ドライブユニットのソフトウェアが古いタイプ(2015年4月以前生産分)の場合、FR-E720EXには外部サーマルの割り付けが無く、サーマル信号をドライブユニットにフィードバックできないため注意してください。

  • MM-CF/MM-GKRについて

    モータベース付きはご用意しておりません。フランジ取付けのみのラインナップとなります。

  • 出力信号について

    30m以内を推奨しています。配線長が長くなると、インダクタンスの増加により正確に信号を受け取れなくなることがあります。

  • 電源設備容量について

    定トルクタイプの場合は、インバータの容量に対して1ランク下の容量のモータを使用することになり、低減トルクタイプの場合は、インバータとモータの容量が同容量となるので、定トルク形の場合は低減トルク形より電源設備容量が小さくなります。

  • 位置決め動作について

    ポイントテーブルを使用した往復運転では位置誤差の累積はありません。「ロール送りモード1」を使用したインデックス運転では、位置誤差が累積する場合があります。「ロール送りモード2」を使用したインデックス運転では、位置誤差の累積はありません。

97件中 21 - 30 件を表示