• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

製品について

『 内蔵オプション 』 内のFAQ

39件中 1 - 10 件を表示

前へ 1 / 4ページ 次へ
  • FR-A800とEthernet IP通信について

    オプション対応により可能です。 FR-A800シリーズにHMS社が製造、販売する下記通信オプション(内蔵基板)を 接続し、Ethernet IPの通信プロトコルに対応することができます。  HMS社 形名:A8NEIP_2P 詳細についてはお近くの購入窓口(営業)または代理店にお問合せ下さい。 詳細表示

    • FAQ番号:19668
    • 公開日時:2017/10/02 10:14
  • 停電復帰後のインバータリセットについて

    インバータの運転モードがPLCリンク運転モードの状態でシーケンサの電源をOFFすると通信異常となり、 インバータは、安全のため、アラームトリップします。 上記アラームや他のアラームをCC-LINK経由でリセットすることは、可能です。 アラーム発生中にリモート入力信号のRY1AをONすることでインバータエラーリセッ... 詳細表示

    • FAQ番号:11686
    • 公開日時:2012/02/27 15:21
  • 通信オプションのエラーについて

    E.OP1は、通信回線異常。 E.1は、通信オプションのH/W異常(インバータと通信オプションが通信できない場合にH/W異常と判断します。)E.1の場合は、Pr.502の設定に関係なくインバータはトリップします。 詳細表示

    • FAQ番号:19691
    • 公開日時:2017/10/02 10:18
  • FR-A8NCについて

    ONにした時インバータ内部のシーケンス等の処理によりインバータ状態の読み込みが途絶えるためです。その時間は約1秒ほどです。 詳細表示

    • FAQ番号:19486
    • 公開日時:2016/12/27 18:39
  • ディジタル入力と上限周波数について

    1.Pr.1および18により120Hz以上は出力されないよう制限されます。   Pr.18にて上限周波数を変更して下さい。 2.バイナリ入力をそのまま出力されたい場合には、   Pr.304=1(バイナリ入力。アナログ補正)が良いと思います。   なお、、Pr.304の工場出荷値は9999となっております。  ... 詳細表示

    • FAQ番号:10996
    • 公開日時:2012/02/27 15:21
  • FR-A8NCについて

    DC24V給電している場合は、オプションのパラメータを読出しできるようになっています。 詳細表示

    • FAQ番号:19484
    • 公開日時:2016/12/27 18:39
  • FR-A8TRについて

    FR-A8TRと共にFR-A8NCを使用すると、 物理的に端子への配線が困難となるため、使用できません。 詳細表示

    • FAQ番号:19483
    • 公開日時:2016/12/27 18:39
  • FR-A8TPについて

    同様です。 詳細表示

    • FAQ番号:19485
    • 公開日時:2016/12/27 18:39
  • FR-A8ALについて

    PG24端子とPG端子を短絡することで、PG24端子からエンコーダ用のDC24Vを供給可能です。 詳細表示

    • FAQ番号:19283
    • 公開日時:2016/03/31 10:59
  • FR-A8APについて

    ONレベルが電源電圧-3V以上、OFFレベルが3V以下です。 詳細表示

    • FAQ番号:18807
    • 公開日時:2015/06/24 13:39

39件中 1 - 10 件を表示