『 SV43 』 内のFAQ

22件中 1 - 10 件を表示

前へ 1 / 3ページ 次へ
  • CPモード中の変数計算

    速度が変更する要因になります。 ただし、移動速度、移動距離、変数の計算量によって 変更しない場合もあります。 詳細表示

    • FAQ番号:11991
    • 公開日時:2012/03/21 10:39
  • 運転中の速度制限値変更

    運転中に速度制限値を変更することはできません。 詳細表示

    • FAQ番号:16995
    • 公開日時:2013/01/23 14:38
  • モータの回転方向

    サーボアンプのパラメータ “PA14 回転方向選択/移動方向選択” を変更してください。 詳細表示

    • FAQ番号:17417
    • 公開日時:2013/05/27 19:12
    • 更新日時:2018/05/21 09:27
  • SV43の補間について

    円弧補間は2軸までの仕様となっております。 詳細表示

    • FAQ番号:11817
    • 公開日時:2012/03/21 10:39
  • G92について

    プログラム例より、G01で指定されている速度指令(F30)はモーダル命令に付き、 一旦宣言する事で有効となります。よって次にG92命令を設定しても速度変化は おきないものと考えられます。 詳細表示

    • FAQ番号:11990
    • 公開日時:2012/03/21 10:39
  • 減速停止

    急停止減速時間の設定が、減速時間の設定値よりも大きいためです。 急停止減速時間を1~減速時間設定値の範囲内にしてください。 詳細表示

    • FAQ番号:11868
    • 公開日時:2012/03/21 10:39
    • 更新日時:2018/05/18 09:13
  • 速度制限値

    指令速度には影響ありません。 ただし、速度制限値の変更により、実際の加減速時間は影響を受けます。 詳細表示

    • FAQ番号:16122
    • 公開日時:2012/08/24 17:35
    • 更新日時:2018/05/21 09:13
  • 運転中の速度変更

    運転中に軸を指定して、以下の速度変更要求命令を実行してください。 (1) モーションSFCプログラム/モーションプログラム:速度変更要求 CHGV (2) シーケンスプログラム:速度変更要求 D(P).CHGV 詳細表示

    • FAQ番号:16994
    • 公開日時:2013/01/23 14:37
    • 更新日時:2018/05/29 13:31
  • 剰余計算

    剰余を求める計算は A%B=A-B*INT(A/B)です。除算は A/B=-1/3=0よって A%B=A-B*INT(A/B)=-1%3=-1-(3*0)=-1という結果になります。 詳細表示

    • FAQ番号:15938
    • 公開日時:2012/07/06 08:33
  • 加減速時間の変更

    運転中に加減速時間変更を変更することはできません。 ※運転中の加減速時間変更(加減速時間変更機能)に対応している機種は、以下の通りです。  ・Q17nDSCPU  ・Q170MSCPU(-S1) 詳細表示

    • FAQ番号:20201
    • 公開日時:2018/06/05 12:00

22件中 1 - 10 件を表示