• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 低圧開閉器 』 内のFAQ

167件中 51 - 60 件を表示

前へ 6 / 17ページ 次へ
  • 短絡保護について

    US-N/K/H形などのソリッドステートコンタクタは半導体素子の短絡耐量が規定されていますが、短絡保護を行うためには短絡時に流れる電流がこれを超えないようにする必要があります。この条件を満足するためには規定された保護ヒューズと組合せることが必要です。配線用遮断器の短絡遮断は通過エネルギーが半導体素子の耐量を超える...

  • サーマルリレーの直流モータへの適用について

    サーマルリレーは三相かご形モータの焼損保護を目的としています。サーマルリレーに直流を通電した場合も動作特性は同じですが、直流モータの熱特性が異なる可能性があります。保護協調がとれれば適用できます。ただし、CTを使用しているTH-N220□形以上は適用できません。

  • 遮断容量とは何ですか?

    規定に定められた条件の下で遮断(接点OFF)できる電流値です。 (試験回数はJISの時50回、JEMの時25回です)

    • FAQ番号:15013
    • 公開日時:2012/03/28 21:11
    • カテゴリー: 電磁開閉器
  • ソリッドステートコンタクタの主回路2素子品と3素子品の使い分けについて

    2素子品と3素子品で機能的にはほとんど変わりませんが、3極2素子形は中央極(3/L2、4/T2)が内部で接続されていますので、適用容量を増加させるためのデルタ相内では使用できません。 また、負荷側が常時電源と同電位になりますので 電源側に断路機器を設置しメンテナンス時は必ず断路する必要があります。

  • サーマルリレーの単体取付について

    ユーザ殿が配線される端子の温度上昇は規格の65℃以下となるように設計しています。当該品の電源側端子は客先での配線を規定していないため、放熱面積が小さく端子温度が規格値を満足できない場合があります。また、動作特性は接触器と組み合わせた状態でカタログの動作特性となるようにしております。単体取付では接触器がないため放熱...

  • 故障検出ユニットの接続方法について

    15、16、18番端子のいずれかの2端子を接触器の負荷側に取付けてください。(残りの1つの端子は接続不要です。)

  • 操作コイルの瞬時入力とは何ですか?

    操作コイルを励磁した直後の瞬間容量(投入VA)です。直流操作の場合は常時入力以下です。

    • FAQ番号:15021
    • 公開日時:2012/03/28 21:11
    • カテゴリー: 電磁開閉器
  • 操作コイル定格とは何ですか?

    操作コイルの定格使用電圧(公称電圧)範囲および周波数(交流操作のとき)を表します。

    • FAQ番号:15011
    • 公開日時:2012/03/28 21:11
    • カテゴリー: 電磁開閉器
  • ソリッドステートコンタクタの電源断路用について

    US-N/K/H形などのソリッドステートコンタクタはオフ時にも回路の漏れ電流が存在するため、負荷機器を電源回路から絶縁する用途には使用できません。

  • コイル特性について

    その他のコイル呼びの時は、概略以下により算出できます 。  1.S-N□形(交流操作形)の場合   (1)入力(瞬時、常時)消費電力:カタログ記載値とほぼ同一となります。   (2)動作電圧:概略電圧比例となります。(AC100Vコイルの時(100÷200)×カタログ記載値)   (3)コイル電流:概略 入力(瞬...

    • FAQ番号:14910
    • 公開日時:2012/03/28 21:11
    • カテゴリー: 電磁開閉器

167件中 51 - 60 件を表示