• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 A/QnA/AnS/QnASからQシリーズ 』 内のFAQ

39件中 1 - 10 件を表示

前へ 1 / 4ページ 次へ
  • Qシリーズの置換え専用高速カウンタユニット(QD62-H01/02)について

    置換え専用の高速カウンタユニットは下記機種です。 ・QD62-H01:AD61からの置換え用 ・QD62-H02:AD61S1からの置換え用置換え専用高速カウンタユニットは、入力フィルタ方式と計数速度がAD61(S1)と同一になっています。これにより、既設エンコーダなどパルス発生機器の仕様を意識することなく置換え...

    • FAQ番号:18656
    • 公開日時:2015/05/11 10:14
  • QシリーズDC入力ユニットの定格入力電流について

    QシリーズDC入力ユニットには、定格入力電流約6mAの下記ユニットが品揃えされています。■QシリーズDC入力ユニット ・QX41-S2 (DC入力プラスコモンタイプ)  : AX41/AX42/A1SX41などの置換え用  ・QX81-S2 (DC入力マイナスコモンタイプ) : AX81/AX82/A1SX81な...

    • FAQ番号:18658
    • 公開日時:2015/05/11 10:11
  • Qシリーズ置換え専用高速カウンタユニット(QD62-H01/02)使用時の...

    Qシリーズ置換え専用高速カウンタユニットは、Aシリーズ高速カウンタユニットに対して、以下の違いがあります。 ・計数範囲 (24ビット符号なしの値→32ビット符号付の値) ・バッファメモリアドレス ・入出力占有点数 (32点→16点)このため、Qシリーズ標準品の高速カウンタユニットで置き換え時と同様にシーケンスプロ...

    • FAQ番号:18657
    • 公開日時:2015/05/11 10:13
  • Qラージベース・Qラージ入出力ユニットの特長

    Qラージベースはユニット装着スロットのスロット幅をA(大形)シリーズと同じにしたものです。Qシリーズへリニューアル時に既設配線を端子台ごと、そのまま流用して配線工数を軽減できることを目的とした製品です。留意点と制約事項については、置換えの手引きをご参照ください。Qラージベース・Qラージ入出力ユニットの使用例

    • FAQ番号:16922
    • 公開日時:2013/01/17 09:25
  • A0J2(H)シリーズからQシリーズへ置換えに、A0J2リニューアルツール...

    A0J2リニューアルツールを使用しない場合は、既設外部配線の変更などが必要となります。置換え時の留意点は下記となります。 (1) Qシリーズ端子台タイプ入出力ユニットの対応電線サイズが細いため、既設電線サイズが太い場合は 既設電線を流用できないことがあります。 (2) Qシリーズ端子台タイプ入出力ユニットは16点...

    • FAQ番号:18652
    • 公開日時:2015/05/11 10:12
  • ブランクカバー(QG69L)について

    QラージベースにQシリーズユニットを装着すると約1cmの隙間ができます。ブランクカバー(QG69L)をQシリーズユニットを装着することでスロット間の隙間を無くすことができ、振動・衝撃防止と強度アップの役目を果たします。

    • FAQ番号:16933
    • 公開日時:2013/01/17 09:23
  • AnS/QnAS(小形)シリーズ置換え時のリニューアルツールベースアダプタ...

    ベースアダプタの形名に「-S1」が付いたタイプは、Qシリーズ基本ベースユニットと、 1スロットタイプのQA1S増設ベースユニット(QA1S51B)の2台のベースユニットを装着することができます。 (「-S1」が付かないベースアダプタはQシリーズ基本ベースユニットのみ) MELSECNET(II)、/Bロ...

    • FAQ番号:19325
    • 公開日時:2016/07/08 11:45
  • A0J2リニューアルツール活用時のシーケンサ側ユニットの選定について

    A0J2(H)リニューアルツールは、入出力信号の変換機能があります。入力は、外部入力(AC入力)をDC24V信号に変換して出力し、シーケンサ側DC入力ユニットへ入力します。出力は、シーケンサ側DC24Vトランジスタ出力を、リレー/トライアック出力へ変換して外部出力します。そのため、A0J2リニューアルツールの入出...

    • FAQ番号:18654
    • 公開日時:2015/05/11 10:15
  • Qラージベースとリニューアルツール(三菱電機エンジニアリング製)について

    リニューアルツール(三菱電機エンジニアリング製)は、Qシリーズのベースユニット(標準品)を使用します。変換アダプタ(三菱電機エンジニアリング製)を使用時、電線サイズによってはユニットを装着できないスロットがでることで、スロット数の増加が必要となる場合があります。(カタログなどにも「1スロット空ける」などが記載され...

    • FAQ番号:16937
    • 公開日時:2013/01/17 09:24
  • Qラージベースに装着不可のユニットについて

    Qラージベースユニットには、下記ユニットが装着できません。(1)2スロットタイプのユニット(2)Qラージブランクカバーが装着できないユニット  ・本体寸法の高さが98mmを超えるユニット  ・ユニット上部に金具が付いているユニット  ・Q7BAT-SETを装着したユニット   例)Q66AD-DG、Q66DA-G...

    • FAQ番号:16935
    • 公開日時:2013/01/17 09:24

39件中 1 - 10 件を表示