• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 A/QnA/AnS/QnASからQシリーズ 』 内のFAQ

39件中 21 - 30 件を表示

前へ 3 / 4ページ 次へ
  • Qラージベースのオプション部品について

    既設A(大形)ベースユニットと同一寸法の取付け板相当と、Qラージ入出力ユニット固定用台が一体になっています。Qラージベースユニットを手配時、ブランクカバー(QG69L)以外のオプション品は不要です。

    • FAQ番号:16925
    • 公開日時:2013/01/17 09:04
  • Qラージベース対応のCPUについて

    使用できるCPUタイプは下記CPUです。 ・ハイパフォーマンスモデルQCPU ・ユニバーサルモデルQCPU (ユニバーサルモデル高速タイプQCPUを含む)  ただし、Q00UJCPUは使用できません。 ・MELSECNET/HリモートI/O局ベーシックモデルQCPU、プロセスCPU、二重化CPU、マルチCPU構成...

    • FAQ番号:16923
    • 公開日時:2013/01/17 08:58
  • 変換アダプタ(2スロットタイプ)の使用方法について

    リニューアルツール(三菱電機エンジニアリング製)のベースアダプタを使用することで、2スロットに跨る変換アダプタが使用できます。リニューアルツールのベースアダプタ使用時のベースユニットは、Qシリーズのベースユニット(標準品)です。2スロット占有ユニットなども装着可能です。

    • FAQ番号:16936
    • 公開日時:2013/01/17 09:24
  • Qラージ入出力ユニットの仕様について

    AQ置換えユニットを選定する時に、既設A(大形)ユニットと同等仕様です。コモン点数や入力定格電流などは同一であり、外部接続機器の仕様を意識せずに置換えが可能です。

    • FAQ番号:16928
    • 公開日時:2013/01/17 09:04
  • AシリーズからQシリーズへ置換え時に、既設ユニットを流用する方法

    AシリーズからQシリーズへ置換え時に、既設Aシリーズユニットを装着できるQA(1S)増設ベースユニットがあります。 A/QnA(大形)ユニットが装着できる増設ベースユニットは、「QA65B/QA68B」です。 AnS/QnAS(小形) ユニットが装着できる増設ベースユニットは、「QA1S65B/QA1...

    • FAQ番号:19400
    • 公開日時:2016/07/25 16:21
  • A0J2(H)シリーズからQシリーズへ置換え時の特殊機能ユニットについて

    A0J2リニューアルツールには特殊機能ユニットの対応品がないため、Qシリーズの該当ユニットへ置き換えてください。なお、仕様・機能が異なるため、プログラムの見直しが必要になります。詳細は下記置換えの手引きを参照願います。 ・MELSEC-A0J2HシリーズからQシリーズへの置換えの手引き

    • FAQ番号:18653
    • 公開日時:2015/05/11 10:15
  • AnS/QnAS(小形)シリーズ置換え時のリニューアルツールベースアダプタ...

    ベースアダプタの形名に「-S1」が付いたタイプは、Qシリーズ基本ベースユニットと、 1スロットタイプのQA1S増設ベースユニット(QA1S51B)の2台のベースユニットを装着することができます。 (「-S1」が付かないベースアダプタはQシリーズ基本ベースユニットのみ) MELSECNET(II)、/Bロ...

    • FAQ番号:19325
    • 公開日時:2016/07/08 11:45
  • A0J2リニューアルツール活用時のシーケンサ側ユニットの選定について

    A0J2(H)リニューアルツールは、入出力信号の変換機能があります。入力は、外部入力(AC入力)をDC24V信号に変換して出力し、シーケンサ側DC入力ユニットへ入力します。出力は、シーケンサ側DC24Vトランジスタ出力を、リレー/トライアック出力へ変換して外部出力します。そのため、A0J2リニューアルツールの入出...

    • FAQ番号:18654
    • 公開日時:2015/05/11 10:15
  • AX42-S1の置換えについて

    入力電圧がDC12VのQシリーズ入力ユニットはありません。QX42-S1に置き換えて頂き、入力電圧をDC24Vに変更してください。

    • FAQ番号:14785
    • 公開日時:2012/03/28 21:15
  • AnS/QnAS(小形)シリーズからLシリーズへ置換え時のブランクユニット...

    Lシリーズはベースレスで、DINレール上でユニットを連結する構造となっています。 そのため、AnS/QnAS(小形)シリーズのように空きスロットは存在せず、ブランクカバーの置換えは不要です。 ただし、AnS/QnAS(小形)シリーズで空きスロットを「空き32点」に設定している場合、 ユニットのXYアドレスが...

    • FAQ番号:18661
    • 公開日時:2016/05/30 09:28

39件中 21 - 30 件を表示