• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 A/QnA/AnS/QnASからQシリーズ 』 内のFAQ

39件中 31 - 39 件を表示

前へ 4 / 4ページ 次へ
  • AnS/QnAS(小形)シリーズユニット故障時の代替品について

    AnS/QnAS(小形)シリーズのユニット故障時に、代替品としてQシリーズユニットを使用するための AnS-Qユニット変換アダプタ(A1SADP-Q SET1/SET2)があります。 AnS-Qユニット変換アダプタをAnS/QnAS(小形)シリーズのユニットが故障したスロットに装着することで、 代替品として...

    • FAQ番号:18659
    • 公開日時:2016/05/30 09:30
  • A0J2リニューアルツール活用時のシーケンサ側ユニットの選定について

    A0J2(H)リニューアルツールは、入出力信号の変換機能があります。入力は、外部入力(AC入力)をDC24V信号に変換して出力し、シーケンサ側DC入力ユニットへ入力します。出力は、シーケンサ側DC24Vトランジスタ出力を、リレー/トライアック出力へ変換して外部出力します。そのため、A0J2リニューアルツールの入出...

    • FAQ番号:18654
    • 公開日時:2015/05/11 10:15
  • QnUDVCPUでQA6ADP使用について

    QA6ADP形QA変換アダプタユニットとA大形増設ベースは、ユニバーサルモデル高速タイプQCPUで使用が可能です。

    • FAQ番号:17153
    • 公開日時:2013/03/04 14:41
  • QnUDVCPUでQA1S増設ベース使用について

    QA1S増設ベースユニットは、ユニバーサルモデル高速タイプQCPUで使用が可能です。

    • FAQ番号:17152
    • 公開日時:2013/03/04 14:41
  • QnUDVCPUでQA増設ベース使用について

    QA増設ベースユニットは、ユニバーサルモデル高速タイプQCPUで使用が可能です。

    • FAQ番号:17151
    • 公開日時:2013/03/04 14:41
  • QnUDVCPUでQラージベース使用について

    Qラージベースユニットは、ユニバーサルモデル高速タイプQCPUで使用が可能です。

    • FAQ番号:17149
    • 公開日時:2013/03/04 14:40
  • 変換アダプタ(2スロットタイプ)の使用方法について

    リニューアルツール(三菱電機エンジニアリング製)のベースアダプタを使用することで、2スロットに跨る変換アダプタが使用できます。リニューアルツールのベースアダプタ使用時のベースユニットは、Qシリーズのベースユニット(標準品)です。2スロット占有ユニットなども装着可能です。

    • FAQ番号:16936
    • 公開日時:2013/01/17 09:24
  • Qラージ入出力ユニットの品揃えについて

    リニューアルツール(三菱電機エンジニアリング製)の変換アダプタを使用することで、16点・32点端子台タイプの入出力ユニットが、配線変更なしで置換えが可能となります。Qラージユニットと変換アダプタ活用を組み合わせることで置換えが容易になります。変換アダプタ使用例

    • FAQ番号:16929
    • 公開日時:2013/01/17 09:23
  • A0J2リニューアルツールとシーケンサ側入出力ユニット間の接続方法について

    三菱電機システムサービス株式会社製の専用ケーブル(0.35m、1m、2m、3m、5m)を品揃えしていますので、盤内配置状態に合わせて、選定を行ってください。なお、A0J2リニューアルツールが入出力混合タイプの場合は、入力用と出力用に2本必要となります。詳細は下記置換えの手引きを参照願います。 ・MELSEC-A0...

    • FAQ番号:18655
    • 公開日時:2015/05/11 10:11

39件中 31 - 39 件を表示