• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 ACサーボ MELSERVO 』 内のFAQ

732件中 721 - 730 件を表示

前へ 73 / 74ページ 次へ
  • アナログモニタ出力値にオフセットずれがでる。

    パラメータ設定にて、アナログモニタ出力1(MO1)、2(MO2)に対して オフセット電圧を設定することができます。 パラメータno.は下記の通りです。 ◇MR−Hシリーズをご使用の場合 (1)Pr.50:MO1オフセット (2)Pr.51:MO2オフセット ◇MR−J2シリ...

  • コネクタの向き変更

    減速機とモータを取り外されますと保証いたしかねます。 特殊仕様で対応できますので、代理店または弊社へお問合せ 下さい。

  • EN規格適合するためには?

    EMC指令に対応するにはEMCフィルター(SF****)を使用することを推奨し ます。 EMC指令対応のために力率改善リアクトルが必要ということはありません。 しかし、力率改善を行いたい場合は、必要です。

  • トルク制御時の特殊な使い方について

    モータの機能ではなく、アンプの機能になるかと思いますが、精度的なことが 問題とならないのであれば、通常のトルク制御の機能で一定負荷をかけることが できます。

  • MR−J2シリーズ 通信仕様について

    通信フォーマットは公開されています。 代理店又は、最寄りの支社にてMR−J2Aの「通信機能取扱説明書」を お取り寄せください。

  • MR−J2 の 力率改善リアクトル

    サーボアンプのLED表示が点灯していないのは、制御電源電圧が低いことが原因と考 えられます。電源部にご使用のNFBやMCの接触不良、ケーブルの誤配線等の原因も 考えられます。 制御電源は力率改善リアクトルの1次側から取るようにしてください。

  • 割り込み制御方法について

    SV13/22リアルモードの位置決め制御にある 速度・位置切換え制御を用いれば、 ”ワークにあるマークを検知して任意の移動量を移動して停止する”、というご質問 内容の動作が可能と思われます。 対応機種の例を挙げると、次のようになります。 モーションコントローラ:A172SHCPU(8軸仕様)/A...

  • リレー接続時(デジタル出力I/F)のダイオード仕様

    デジタル出力インタフェイスDO−1にリレー(誘導負荷)を接続する場合、 ダイオードが必ず必要です。 これは、出力信号ON/OFF時のサージ電圧により、サーボアンプが破損す る恐れがあるためです。 ダイオードの選定ですが、特に制限しておりませんので理想とされるダイオー ドを記述致しますので選定の際、参考に...

  • ブレーキ付の音について

    以下の2点の実施により、改善できると思います。 (1)サーボアンプのゲイン調整を行なって下さい。 (2)サーボアンプはMR−Jシリーズとのことでしたので、下記の手順で電流検出器の自動オ フセット調整を行って下さい。 (1)電源をオンし、5分以上そのまま放置します。 (2)サーボオン信号をオフしま...

  • デ−タのEXCELでの編集の可否

    セットアップソフトウェアMRZJW3−SETUP41の モニタの数値データをEXCELにて編集することはできません。

732件中 721 - 730 件を表示