ここから本文

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

製品について

『 ACサーボ MELSERVO 』 内のFAQ

730件中 81 - 90 件を表示

前へ 9 / 73ページ 次へ
  • コネクタについて

    HC−SF502BKの 電源コネクタはCE05−2A24−10P、 ブレーキコネクタはMS3102A10SL−4Pです。 HA−LH11K2BKの 電源は、リード線で圧着端子付きです。 ブレーキは、MS3102A10SL−4Pのコネクタが付いています。 HA−SH352BK、HA−SH... 詳細表示

  • MRーH 周波数について

    MR−Hシリーズの許容周波数変動は50/60Hz±5%です。すなわち、範囲内に あり、周波数的には問題無いと思います。但し、発電機等で発生した電圧の変動及び電 源設備容量にも配慮する必要があります。 詳細表示

  • MRーH サーボ運転中に電子ギアの変更をしたい

    増設DIOオプションカード 「MR−H−D01」を使用すれば、 外部から電子ギアの分子を変更する事ができます。 入力は16ビットのバイナリ入力と、5桁のBCD入力から選択できます。 詳細表示

    • FAQ番号:10921
    • 公開日時:2012/02/23 22:38
    • カテゴリー: MR-H
  • エンコーダーケーブルの件

    MR−J2サーボアンプとHC−MFモータを接続するエンコーダケーブルについて、 以下の長さのケーブルは、特殊品にて準備しております。 型名については、以下の型名になりますが特殊品扱いとなりますので納期については、 営業経由にてご確認お願い致します。 (1)40m・・・MR−JCCBL40M−H (2)6... 詳細表示

  • MR−H−AC 位置データの計算方法について

    指令分解能を100μmとした場合パラメータNO.4を□□□2として下さい。 この場合の位置データの値は20000.0と設定して下さい。 詳細表示

  • タイミングチャートの時間間隔について

    いずれの場合も、5msec以上必要です。 詳細表示

  • SSCについて

    位置決めユニットをご使用時のラダープログラムにつきましては、 A1SD75M3型位置決めユニット ユーザーズマニュアル(詳細編) をご参照下さい。 詳細表示

  • HC−SF102とMR−SA

    組合せできません。 HC−SF102を駆動する場合は、 MR−H−_N、又はMR−J2シリーズをご使用ください。 詳細表示

  • サーボ1次側電磁接触器のサーボアラームについて

    モーションコントローラの各軸ステータスにサーボエラー検出のビットがありますので 、そのビットを出力すれば良いです。 詳細表示

  • サーボモータの今後

    今後HA−FHはHA−FF、HA−SHはHC−SFと新形シリ−ズモ−タに移行し ていきます。 詳細表示

730件中 81 - 90 件を表示