• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 ACサーボ MELSERVO 』 内のFAQ

731件中 1 - 10 件を表示

前へ 1 / 74ページ 次へ
  • MR−J2について A1SD75P2−S3との接続(PLC停止時の手動運...

    サーボアンプは外部DI/OにてJOG運転設定にできません。MR−J2の場合、ア ンプ前面の押しボタン若しくはセットアップs/wからJOG運転モードに設定してい ただくことになります。

  • シールに付いて

    HC−MF23標準品にはシールはついておりません。 オイルシール付は特殊品になりますので、支社にお問い合わせください。 ただし、全長が10mm程度大きくなります。

    • FAQ番号:10283
    • 公開日時:2012/02/23 22:38
    • カテゴリー: HC
  • 指令パルスの電流値

    オープンコレクタと差動ドライバ/レシーバ、どちらの信号をご使用かによって異なります。オープンコレクタの場合、サーボアンプ内部/外部24V電源と内部の1.2kΩの抵抗により、電流値は約20mAになります。差動ドライバ/レシーバの場合は一般的に数mAです。

  • 原点復帰をなくしたい

    絶対位置検出システムをご利用ください。 絶対位置検出システムは,電源のオン/オフに関係なくバッテリバックアップにより常時機械の位置を記憶しております。 よって、瞬時停電や非常停止などの電源断後の原点復帰が不要になり、立ち上げ復帰作業が簡単に行なえることを特徴とした システムです。

  • 制御切換について

    DI信号の制御切換(LOP)で行います。

  • アラーム11について

    プリント基板の異常があるときに発生します。 サーボアンプ内の部品の故障ですので、サーボアンプを交換してください。

    • FAQ番号:10550
    • 公開日時:2012/02/23 22:38
    • カテゴリー: MR-J2
  • 拡張パラメータ(No.20から64)が表示できない

    基本パラメータNo.19(パラメータ・ブロック)の設定値でパラメータの参照 範囲・書き込み範囲を選択します。 尚、初期値は「0000」であるためパラメータの参照範囲・書き込み範囲共に基 本パラメータ(No.0から19)です。 したがって、基本パラメータNo.19を「000C]とすれば拡張パ...

    • FAQ番号:10596
    • 公開日時:2012/02/23 22:38
    • カテゴリー: MR-H
  • サーボアンプとモータは直結できるか?

    エンコーダの引き出しケーブル(0.3mまたは0.5m)があるタイプのサーボモー タ(HC-MF/HA−FFシリーズ)では、このケーブル長で接続できる距離であれば、特に 問 題なく接続することができます。 キャノンコネクタ方式のエンコーダは、接続ケーブルが必要です。

  • MR−H用パラメータユニットケーブルの長さについて

    MR-H用パラメータユニットケーブルの長さは、最大5mで配線願います。 尚、ケーブルは弊社指定のものを御使用願います。

    • FAQ番号:10658
    • 公開日時:2012/02/23 22:38
    • カテゴリー: MR-H
  • 間違いですか?

    HA−FEシリーズは、DXFファイルを用意していません。 HA−FFシリーズと HA−FEシリーズはエンコーダが異なっているため、 エンコーダの寸法を下記の値に修正していただければ、HA−FFのDXF ファイルがご使用いただけます。 エンコーダ部分の長さを 5mm短くする。

731件中 1 - 10 件を表示