• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

製品について

ご質問内容

  • FAQ番号 : 10375
  • 公開日時 : 2012/02/23 22:38
  • 印刷

負荷慣性モーメント比

サーボにてラック&ピニオンを使用し位置決めを考えております。
トルク的には問題は無いのですが負荷の慣性モーメント比が
計算上、約40倍となります。
この条件で、サーボを使用した場合故障の原因となりますか?
また、どのような制約(加減速時間が長くなるなど)が考えられますか?
サーボはHC−SFS201Bを計画しております。
カテゴリー : 

回答

負荷慣性モーメントが大きいほど、大きな加減速トルクが必要となります.
しかし、モータが発生できるトルクには上限がありますので、加減速時間を長くとる
必要がある など運転パターンの制約が生じる場合があります.

また、慣性モーメント比が推奨値を超えている場合、その比が大きいほど応答性が悪
くなり、良好なサーボ性能が得られなくなります.従いまして、カタログ等に記載の
推奨値(5〜10倍以下)にてご使用になることを推奨致します。
製品名
ACサーボ
シリーズ
全て
疑問・問題は解決されましたか?

解決されない場合はこちらよりご質問ください。

仕様・機能に関するお問い合わせ

アンケート:
ご意見をお聞かせください