ここから本文

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

製品について

ご質問内容

  • FAQ番号 : 10657
  • 公開日時 : 2012/02/23 22:38
  • 印刷

MR−H AL−25発生時の処置方法

MR−HでのAL−25発生時に、パラメータユニットの画面表示にてアラーム発生要因が
「2−3minツウデンゴ デンゲンリセット」となっている場合、
MR−H仕様取扱説明書には、2−3分間電源投入した後、電源OFF→ONするよう記載してい
るが、検出器とサーボアンプ間は検出器ケーブルにて配線した状態にて、電源投入が必
要か?
カテゴリー : 

回答

検出器に搭載のスーパコンデンサを充電するためには電源投入が必要です。検出器とサ
ーボアンプ間を検出器ケーブルにて配線した状態にて、2−3分間電源投入した後、電源
OFF→ONを行って下さい。
製品名
ACサーボ
製品分類
共通
シリーズ
MR-H
疑問・問題は解決されましたか?

解決されない場合はこちらよりご質問ください。

仕様・機能に関するお問い合わせ

アンケート:
ご意見をお聞かせください