ここから本文

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

製品について

ご質問内容

  • FAQ番号 : 10763
  • 公開日時 : 2012/02/23 22:38
  • 印刷

ACサーボモータの同期形と誘導形の違いは?

ACサーボモータの同期形と誘導形の違いは?
カテゴリー : 

回答

◆永久磁石の有無が大きな違いです。

回転子に永久磁石を使用したものを『同期形(SM形)』、永久磁石を使わずに
汎用モータと同様な構造のものを『誘導形(IM形)』と呼びます。
一般には大容量には誘導形、小・中容量には同期形が採用されています。
このような分け方の最大の理由は、製造上の問題とトルク特性および小形化の
項目があります。
永久磁石を使用するとモータの効率が良く、発熱が低減されますので小形化し
やすく、かつ高トルクを得やすくなります。反面、容量が大きくなるにつれ永久
磁石のサイズも大きくなり、回転子に取付けた時の機械的強度など製作上の制約
や価格の問題が生じます。


◆停電時でも急停止が可能な同期形モータ

インバータや誘導形サーボモータは停電が生じるとモータを停止する制御がで
きなく、モータは自然停止(フリーラン停止)の状態となるため暴走の危険があり
一般にはこの対策として機械式のブレーキ(電磁ブレーキ)を採用します。
同期形は永久磁石の効果(磁石のエネルギー利用)で、停電時にはモータを発電機
の状態にして急停止の制動(発電制御)を行うことができます。ただ、安全度を配
慮した使い方をする時には、停止後の保持のため機械式ブレーキ(電磁ブレーキ)
の併用が必要です。
製品名
ACサーボ
シリーズ
全て
疑問・問題は解決されましたか?

解決されない場合はこちらよりご質問ください。

仕様・機能に関するお問い合わせ

アンケート:
ご意見をお聞かせください