ここから本文

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

製品について

ご質問内容

  • FAQ番号 : 10776
  • 公開日時 : 2012/02/23 22:38
  • 印刷

誤差過大アラーム範囲の変更

MR−H、MR−Cでは誤差過大アラームの検出範囲が変更できますがMR−J2は変
更できますか。
カテゴリー : 

回答

拡張パラメータを設定する事により、誤差過大アラームの検出範囲を変更する事ができ
ます。

(1)パラメータNo.19(BLK)の設定を『000E』と設定することにより、パラメータNo.00
−No.66まで設定可能となります。

(2)パラメータNo.59(ERZ)の値が誤差過大アラーム検出範囲となっていますので設定値
を変更して下さい。
初期値 :80
単 位 :kpulse
設定範囲 :1〜10000

なお、パラメータNo.50〜No.58、No.60〜No.66の設定はメーカー設定用となっていま
すので変更しないで下さい。
製品名
ACサーボ
製品分類
汎用インタフェースアンプ
シリーズ
MR-J2
疑問・問題は解決されましたか?

解決されない場合はこちらよりご質問ください。

仕様・機能に関するお問い合わせ

アンケート:
ご意見をお聞かせください