• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

製品について

ご質問内容

  • FAQ番号 : 10892
  • 公開日時 : 2012/02/23 22:38
  • 印刷

AD75 と MRーJ2 における サーボパラメータ変更時の書込みについて

AD75M□・A1SD75M□からMR−J2−□BまたはMR−H□BNの
サーボパラメータ(バッファメモリアドレス113(位置制御ゲイン1)または114(速度制御ゲイン1))を
変更してAD75に書込んでも、
運転すると設定値が書き換わってしまうのはなぜか?
カテゴリー : 

回答

サーボアンプをオートチューニング機能を有効にして運転しますと、
サーボゲインに関わるパラメータが自動で最適値に書き換わります。
強制的にサーボゲインに関わるパラメータを書き換える場合は、
オートチューニング機能をOFFした状態で行ってください。

《オートチューニング機能で自動的に書き換わるパラメータ》
(1)位置制御ゲイン1
(2)速度制御ゲイン1
(3)位置制御ゲイン2
(4)速度制御ゲイン2
(5)速度積分補償
製品名
ACサーボ
製品分類
SSCNET・インターフェースアンプ
シリーズ
MR-H, MR-J2
疑問・問題は解決されましたか?

解決されない場合はこちらよりご質問ください。

仕様・機能に関するお問い合わせ

アンケート:
ご意見をお聞かせください