ここから本文

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

ご質問内容

  • FAQ番号 : 16939
  • 公開日時 : 2013/01/17 09:24
  • 印刷

AQ置換え時の配線流用方法について

既設配線の電線サイズは太いが、Qラージベースユニット以外を使用したいと思います。
配線変更はしかたないのですが、圧着端子を活用のため、既設電線はそのまま流用したいと思います。
何かよい方法はありませんか。
カテゴリー : 

回答

ベースユニットに装着する入出力ユニットは32点/64点コネクタタイプを選定して、外部にコネクタ/端子台変換ユニットを使用することで
既設圧着端子付き電線を流用することが可能です。
コネクタ/端子台変換ユニット(例:A6TBXY36など)は電線サイズが2㎜2まで対応可能であり、電線サイズを意識する必要はありません。
シーケンサ側入出力ユニット<->コネクタ/端子台変換ユニット間は専用ケーブルが用意されておりユーザ作成は不要です。
製品名
リニューアル製品
シリーズ
リニューアル関連
疑問・問題は解決されましたか?

解決されない場合はこちらよりご質問ください。

仕様・機能に関するお問い合わせ

アンケート:
ご意見をお聞かせください