ここから本文

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

製品について

ご質問内容

  • FAQ番号 : 19403
  • 公開日時 : 2016/07/28 09:02
  • 印刷

UL/CSA規格適合におけるフランジサイズについて

UL/CSA規格への適合におけるフランジサイズは、サーボモータ技術資料集(第3集)に記載のフランジサイズとしなければいけないのでしょうか?
カテゴリー : 

回答

UL/CSA規格に適合するためにはサーボモータ技術資料集(第3集)に記載のフランジと同等の放熱効果のある機械に取り付けてください。

仮に、1軸のHG-KR053だけが装置へ搭載されていて、HG-KR053以外の熱発生源が無い場合であれば、HG-KR053が取り付けられているフランジを含む金属部(材質がアルミの場合)の表面積の合計が、250 x 250 x 6 mmのアルミ製フランジの表面積と同等以上であれば、UL/CSA規格に適合します。

しかしながら、実際の装置ではHG-KR053以外にも熱発生源が存在する可能性があり、かつメカ部品によってはアルミ以外の材質使用も想定されますので、その分も考慮した放熱性が必要になります。

 
製品名
ACサーボ
シリーズ
HG
疑問・問題は解決されましたか?

解決されない場合はこちらよりご質問ください。

仕様・機能に関するお問い合わせ

アンケート:
ご意見をお聞かせください