• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

ご質問内容

  • FAQ番号 : 19404
  • 公開日時 : 2016/08/31 10:02
  • 印刷

AシリーズからQシリーズへプログラム流用する時の高速タイマ命令について

AシリーズからQシリーズへ置換えをするため、ACPUのプログラムをQCPUに変更しました。
ACPUで高速タイマとして使用していたタイマ命令が「OUT Tn Km」から「OUTH Tn Km」に変換されました。
ACPUとQCPUでは高速タイマの設定方法が異なりますか。
カテゴリー : 

回答

ACPUでは、T0~T199は低速タイマ、T200~T255は高速タイマとデバイス番号で決まっていました。
そのため、タイマ命令は「OUT Tn Km」のみでした。

QCPUでは、低速タイマ「OUT」、高速タイマ「OUTH」と命令で区別します。

GX DeveloperでPCタイプ変更時に、低速タイマと高速タイマを自動的に判斷して変換します。
そのため、PCタイプ変更後のプログラム修正は不要です。



詳細は下記置換えの手引きを参照願います。
 ・MELSEC-A/QnA(大形)シリーズからQシリーズへの置換えの手引き (基本編)
   7.7.4 タイマについて

 
製品名
リニューアル製品
シリーズ
リニューアル関連
疑問・問題は解決されましたか?

解決されない場合はこちらよりご質問ください。

仕様・機能に関するお問い合わせ

アンケート:
ご意見をお聞かせください