• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 サーボシステムコントローラ 』 内のFAQ

255件中 251 - 255 件を表示

前へ 26 / 26ページ 次へ
  • 高速読み出し機能について

    モーションベースに装着した入力ユニットからの信号をトリガとして、送り現在値、偏 差カウンタ値などその他16種類のデータの中から同時最大11データを指定デバイス に読み出す機能です。 同期制御でシートのマーク検出時に各軸の位置をチェックし、基準位置との差を補正す る場合などに使用できます。

    • FAQ番号:11923
    • 公開日時:2012/03/21 10:39
    • カテゴリー: Aシリーズ
  • ケーブルの種類、選定について

    CPU−アンプ(MR−H)間、アンプ(MR−H)ーアンプ(MR−H)間の接続ケーブルとして、 MR−HBUS□M(0.5、1、5m)がご使用頂けます。 また、同一バス上のSSCNETケーブルの総延長距離は30mとなっておりますので、 40mの配線はできません。

    • FAQ番号:11855
    • 公開日時:2012/03/21 10:39
    • カテゴリー: Aシリーズ
  • A273UHCPU SCPUデータのROM化

    SCPUのデータについては、A3UCPUと同様にROM化できます。 PCPUのシステム設定、サーボパラメータ、サーボプログラム等は、ROM化することはで きません。

    • FAQ番号:11822
    • 公開日時:2012/03/21 10:39
    • カテゴリー: Aシリーズ
  • Windows95のDOS窓での文字バケ

    ソフトの仕様上、DOS/V機のDOS窓で表示した場合は文字がバケてしまいます。 必ずDOSの全画面モードで使用してください。 DOSの全画面モードにする方法はDOS窓の状態でAltキーを押しながらEnte rキーを押してください。また、全画面モードからDOS窓に戻す場合もAltキーを 押しながらEnter...

  • 同期エンコーダー・手パについて

    1台のA172SENCにつき、MR−HENCとMR−HDP01のどちらか片方のみの使用となります。

    • FAQ番号:11831
    • 公開日時:2012/03/21 10:39
    • カテゴリー: Aシリーズ

255件中 251 - 255 件を表示