• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 Ethernetインターフェースユニット 』 内のFAQ

83件中 1 - 10 件を表示

前へ 1 / 9ページ 次へ
  • ネットワークパラメータのネットワークNo.、グループNo.、局番について

    ・ネットワークNo.はネットワークを複数構築する場合に、それぞれを識別するために割当てる番号です。 各ネットワークで重複して設定できません。 ・グループNo.は1ネットワーク内の各局をグループ化するために割当てる番号です。トランジェント伝送を使用する場合、 同じグループの複数の局にデータを送信することが可能...

    • FAQ番号:13813
    • 公開日時:2012/03/28 21:15
  • Ethernet接続失敗

    (1)ケーブルの切り離しについて  ・弊社ユニットは異常検出機能を実装しています。   ただし,ケーブル接続状態が不安定な環境でのご使用においては,ユニットの仕様上異   常検出機能が正常に動作しない可能性もあります。  ・上記のように,不安定なケーブル接続状態でのユニットのご使用に際し,現在行われて ...

    • FAQ番号:14539
    • 公開日時:2012/03/28 21:15
  • イーサネットの通信異常

    AJ71E71−S3(Ethernetインタフェースユニット)では生存確認の機能 が追加になっています。 この機能は定期的に相手機器が生存しているかのチェックを行う機能で,生存確認用バッ ファメモリ(7〜9)で設定します。 生存確認を行う場合,AJ71E71使用時は,AJ71E71−S3への変更が...

    • FAQ番号:14574
    • 公開日時:2012/03/28 21:15
  • Ethernetユニットで相手機器のポート番号設定について

    Ethernetユニットのネットワークパラメータで設定できる交信相手ポート番号の設定範囲は、401HからFFFFHまでです。Ethernetユニットでは、ポート番号が700(16進数で2BCH)の相手機器とは通信できません。

    • FAQ番号:13381
    • 公開日時:2012/03/28 21:15
  • Ethernetで通信ができない

    ・シーケンサ側のオープン要求(Y8)ON後500ms以上時間を空けてから交信を開始し  てください。   *500msはOSの処理時間であり,500ms後にX10がONしますのでそれ以    降通信を開始してください。

    • FAQ番号:13329
    • 公開日時:2012/03/28 21:15
  • Ethernetパラメータ設定について

    GX Developer(SW□D5C-GPPW)で設定したEthernetのパラメータは機能バージョン”B”のQnACPU/Q2ASCPUと機能バージョン”B”のEthernetインタフェースユニットを使用した場合に有効です。Ethernetインタフェースユニットは機能バージョン”B”になっています。ただしQ4...

    • FAQ番号:14607
    • 公開日時:2012/03/28 21:15
  • Ethernet再オープン処理

    E71の交信相手機器(通信ボード/ユニット)側の交換について 1.相手機器側のIPアドレスが同じのとき (1) E71の再立上げを行ってください。 [ E71の再立上げ手順 ] (1)全ての相手機器との交信を終了し、現在オープンしている全てのコネクションをク ...

    • FAQ番号:14621
    • 公開日時:2012/03/28 21:15
  • QJ71E71でCPU間通信について

    QJ71E71シリーズ同士であれば、READ/WRITE命令を使用して通信が可能です。

    • FAQ番号:17113
    • 公開日時:2013/03/04 13:14
  • MX Componentの通信テストでタイムアウトエラー

    下記の原因が考えられます。・パソコン、またはEthernetインタフェースユニットの設定ミス IPアドレス、ネットワークNo.、局番などを見直してください。・HUBやLANケーブルの状態 HUBの電源断、LANケーブルの接続状態を確認してください。・通信設定ユーティリティの設定ミス Ethernetインタフェース...

    • FAQ番号:17460
    • 公開日時:2013/06/05 08:26
  • 二重化CPU待機系のQJ71E71でCOM. ERR LED消灯について

    GX Developer Ver8.100E以降で、Ethernet診断のCOM.ERR.消灯機能において二重化CPU待機系に対し、下記の経路を用いて「系指定なし」で接続した場合に、COM.ERR.消灯が可能になりました。・シリアル通信CPUユニット接続・Ethernetボード通信Ethernetユニット経由他局...

    • FAQ番号:17110
    • 公開日時:2013/03/04 13:13

83件中 1 - 10 件を表示