• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

ご質問内容

  • FAQ番号 : 14614
  • 公開日時 : 2012/03/28 21:15
  • 印刷

CC−LinkのリモートI/Oのリフレッシュについて

CC−LinkのリモートI/Oを55台接続した設備にて、メインのシーケンスが大きく
なり
モータ停止時に、ばらつきが出ています。
CC−Linkのバッファメモリをスキャン途中で数回リフレッシュできませんか?
カテゴリー : 

回答

CC−Link自動リフレッシュ設定をされていると場合でも、プログラムの途中に,FR
OM/TO命令を作成してバッファメモリの読出/書込を行ないリフレッシュすることがで
きます。
CC−Linkの交信時間は局数とユニットの種類により変化しますが最大でも7ms程度
であり,サブルーチンプログラムでバッファメモリの読出/書込を行なうようにしておき,
交信間隔以上でサブルーチンCALLするように命令を入れておくことで可能となります。
なお,交信間隔以内で読出/書込を行うと同じデータであり,またユニットの処理を遅らせ
る要因になりますので注意してください。
製品名
ネットワーク関連製品
製品分類
AnN, AnA, AnU, AnS, A2US, QnA, Q2AS, Q4AR
シリーズ
CC-Link
疑問・問題は解決されましたか?

解決されない場合はこちらよりご質問ください。

仕様・機能に関するお問い合わせ

アンケート:
ご意見をお聞かせください