• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

ご質問内容

  • FAQ番号 : 17364
  • 公開日時 : 2013/05/08 20:48
  • 印刷

安全シーケンサのシステム構成について【添付ファイルあり】

安全シーケンサの基本的なシステム構成は、どのようになりますか?
カテゴリー : 

回答

安全シーケンサは、安全専用のベースユニット上に安全電源ユニットや安全CPUユニット,ネットワークユニットを配置し、安全ネットワーク(CC-Link Safety)によりリモートI/Oユニットを拡張していく構成となります。
構成を以下に示します。詳しくは弊社MELSEC Safetyカタログを参照下さい。

(1) 安全基本ベース(QS034B)上に配置できるユニット
 ・安全電源ユニット(QS061P-A1, QS061P-A2)
 ・安全CPUユニット(QS001CPU)
 ・CC-Link Safetyシステムマスタユニット(QS0J61BT12)
 ・(安全通信用ユニット)※1
 ・(一般通信用ユニット)※2
 
(2) CC-Link Safety上に接続できるユニット
 ・安全リモートI/O局(QS0J65BTB2-12DT, QS0J65BTS2-8D, QS0J65BTS2-4T)
 ・一般リモートI/O局, 一般リモートデバイス局

※1 安全シーケンサ同士で通信を行なうために、CC-Link IE フィールドネットワーク マスタ・ローカルユニット(安全機能付き)(QS0J71GF11-T2)を装着できます。
※2 一般シーケンサとの通信を行なうために、Qシリーズ用の通信ユニット(QJ71GP21-SX, QJ71LP21-25, QJ71BR11, QJ71E71-100など)を装着できます。

製品名
MELSEC-QS/WS
シリーズ
安全シーケンサ
添付ファイル : 
安全シーケンサ_システム構成.jpg
疑問・問題は解決されましたか?

解決されない場合はこちらよりご質問ください。

仕様・機能に関するお問い合わせ

アンケート:
ご意見をお聞かせください