• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

ご質問内容

  • FAQ番号 : 14569
  • 公開日時 : 2012/03/28 21:15
  • 印刷

位置決めユニットの速度・位置切り換え制御について。

1、速度制御を行っている状態から位置制御に切り換えるとき、位置決め位置が速度制御で
  進んできた位置から反対方向に戻る制御(原点へ戻る)は可能ですか?

2、ユーザーズマニュアルによると、速度制御中に速度を変更する場合、バッファメモリの
  1156と1157に変更後速度データを書き込んだ後、バッファメモリ1158に1
  を書き込むと速度データが送り込まれ、0なった時点が変更完了だ
  と思います。
  
  上記から考えて、バッファメモリ1158が0になったら、次の新しい速度データの書
  き込みシーケンスを行ってもよいのですか?(バッファ1158が0になり次第、次々
  と新しい速度データを書き込んで速度を追従させたい)
  速度はすぐに、後から書き込んだ速度データが有効になり追従するのですか?
  又、速度がすぐに追従するとした場合、シーケンススキャンは考えずに、バッファメモ
  リ1158が1から変更完了の0になるまでの時間はどのくらいですか?
カテゴリー : 

回答

1.速度・位置切換制御では,速度制御と位置制御で同一方向の制御になります。
速度制御と位置制御で方向を変える制御はできません。

2.A1SD75は速度変更要求を受付けた時点で速度変更要求を”0”にします。
このため速度変更は,バッファメモリ1158の1→0ではなく,100ms以上の間隔で
行うようにしてください。
製品名
MELSEC-AnS/QnASシリーズ
製品分類
AnN, AnA, AnU, AnS, A2US, QnA, Q2AS, Q(Aモード)
シリーズ
位置決めユニット
疑問・問題は解決されましたか?

解決されない場合はこちらよりご質問ください。

仕様・機能に関するお問い合わせ

アンケート:
ご意見をお聞かせください