• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 CPUユニット 』 内のFAQ

45件中 1 - 10 件を表示

前へ 1 / 5ページ 次へ
  • 海外に輸出する場合の非該当証明について

    非該当証明書の発行については、お取引されている販売店、代理店を通じてご依頼ください。

    • FAQ番号:24185
    • 公開日時:2018/10/15 11:35
  • GX Works3とEthenet接続した際の通信エラーについて

    Microsoft Windows7のインターネットプロトコルバージョン4設定にある[IPアドレスを自動的に取得する]を解除し、 IPアドレスはMELSEC iQ-Fと重複しない任意の値を設定します。 なお、サブネットマスクが255.255.255.0の場合、前3個(第1~第3オクテット)をMELSEC iQ...

    • FAQ番号:24203
    • 公開日時:2018/10/15 11:35
    • 更新日時:2018/10/22 08:45
  • 内蔵Ethernet機能の仕様について

    Ethernetポートを使った通信は、SLMP、MELSOFT接続、Modbus/TCP通信、ソケット通信、通信プロトコル支援を合わせて最大8コネクションです。(1台のCPUユニットに同時にアクセスできる外部機器は最大8台です) MELSOFT接続(GX Works3との通信)の1台分、CC-Link IEフィ...

    • FAQ番号:24204
    • 公開日時:2018/10/15 11:35
    • 更新日時:2018/10/16 10:55
  • 内蔵EthernetポートでのMODBUS/TCP通信について

    ①マスタ局は、通信プロトコル支援機能を使用して、スレーブ局との通信を行えます。 ②スレーブ局は、CPUのファームウェアバージョンVer.1.060以降と、GX Works3バージョンVer.1.040S以降で対応し、マスタ局との通信を行えます。 また、MELSEC iQ-Fシリーズ 1台で、スレーブおよびマスタ...

    • FAQ番号:24186
    • 公開日時:2018/10/15 11:35
  • IPアドレスの初期値について

    FX5U/FX5UC CPUユニットの初期IPアドレス(工場出荷値)は、192.168.3.250になります。

    • FAQ番号:24174
    • 公開日時:2018/10/15 11:35
  • Ethernetによるデータリンクについて

    可能です。ソケット通信やSLMP通信機能などをご検討ください。

    • FAQ番号:24178
    • 公開日時:2018/10/15 11:35
  • スキャンタイムの確認方法について

    以下の特殊デバイスにスキャンタイム現在値が格納されますので、GX Works3でモニタしてください。 <スキャン情報>  SD520 スキャンタイム現在値(ms単位)  SD521 スキャンタイム現在値(μs単位) <FX互換エリア>  SD8010 スキャンタイム現在値(0.1ms単位)

    • FAQ番号:24173
    • 公開日時:2018/10/15 11:35
  • 2軸同期制御について

    FX5-40SSC-S(シンプルモーション)またはFX5-80SSC-S(シンプルモーション)は同期制御機能に対応可能です。

    • FAQ番号:24209
    • 公開日時:2018/10/15 11:35
  • 内蔵Ethernetポートで複数の機器と接続する方法について

    スイッチングハブを使用することで、複数台の接続が可能です。

    • FAQ番号:24205
    • 公開日時:2018/10/15 11:35
  • GX Works3でのCC-Linkの通信設定について

    MELSEC iQ-FシリーズにFX5-CCL-MS(CC-Linkシステムマスタ・インテリジェントデバイス)を接続する場合パラメータで設定を行いますが、MELSEC iQ-FシリーズにFX3U-16CCL-Mを接続する場合、プログラムで設定を行います。 詳細は、以下マニュアルを参照ください。 FX3U-16CC...

    • FAQ番号:24201
    • 公開日時:2018/10/15 11:35

45件中 1 - 10 件を表示