• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 CPUユニット 』 内のFAQ

45件中 1 - 10 件を表示

前へ 1 / 5ページ 次へ
  • 海外に輸出する場合の非該当証明について

    製品の該非情報のみのご依頼の場合は、FAサイト上の輸出該非情報ページをご利用下さい。 <https://www.mitsubishielectric.co.jp/fa/members/cri/> 通関用該非判定資料のご依頼の場合、または上記輸出該非情報ページにお探しの機種が記... 詳細表示

    • FAQ番号:24185
    • 公開日時:2020/06/14 08:00
    • 更新日時:2020/06/24 09:33

  • データレジスタのラッチ設定について

    GX Works3にて以下の手順で設定する必要があります。 ナビゲーションウィンドウの[CPUパラメータ]→[メモリ/デバイス設定]→[デバイス/ラベルメモリエリア設定]でラッチ範囲を設定してください。 詳細表示

    • FAQ番号:24213
    • 公開日時:2018/10/15 11:35
  • 特殊リレーについて

    SM400、 SM8000※になります。 ※MELSEC iQ-Fシリーズの特殊リレー、 特殊レジスタ(SM、SD)には、FX互換エリア(SM8000~、SD8000~)があります。 詳細表示

    • FAQ番号:24172
    • 公開日時:2018/10/15 11:35
    • 更新日時:2018/10/22 13:47
  • 内蔵Ethernet機能の仕様について

    Ethernetポートを使った通信は、SLMP、MELSOFT接続、Modbus/TCP通信、ソケット通信、通信プロトコル支援を合わせて最大8コネクションです。(1台のCPUユニットに同時にアクセスできる外部機器は最大8台です) MELSOFT接続(GX Works3との通信)の1台分、CC-Link IEフィ... 詳細表示

    • FAQ番号:24204
    • 公開日時:2018/10/15 11:35
    • 更新日時:2018/10/16 10:55
  • スキャンタイムの確認方法について

    以下の特殊デバイスにスキャンタイム現在値が格納されますので、GX Works3でモニタしてください。 <スキャン情報>  SD520 スキャンタイム現在値(ms単位)  SD521 スキャンタイム現在値(μs単位) <FX互換エリア>  SD8010 スキャンタイム現在値(0.1ms単位) 詳細表示

    • FAQ番号:24173
    • 公開日時:2018/10/15 11:35
  • デバイスのラッチ範囲について

    ラッチ範囲はお客様で任意に設定することが可能です。 CPUパラメータのメモリ/デバイス設定でラッチ範囲を設定します。 ファイルレジスタ(R)やリンクレジスタ(W)のデバイスを保持させる場合はFX3U-32BL(バッテリ)が必要です。 詳細表示

    • FAQ番号:24181
    • 公開日時:2018/10/15 11:35
  • エラー履歴について

    GX Works3にて以下の手順で確認可能です。 メニューバーの[診断]→[ユニット診断(CPU診断)]→イベント履歴機能 イベント履歴は、CPUユニット、拡張ボード、拡張アダプタで発生したエラーや、ネットワーク上のエラー等のイベント情報を表示可能です。 また、表示した情報は、CSVファイル形式でも保存可能です。... 詳細表示

    • FAQ番号:24189
    • 公開日時:2018/10/15 11:35
  • IPアドレスの初期値について

    FX5U/FX5UC CPUユニットの初期IPアドレス(工場出荷値)は、192.168.3.250になります。 詳細表示

    • FAQ番号:24174
    • 公開日時:2018/10/15 11:35
  • GX Works3とEthenet接続した際の通信エラーについて

    Microsoft Windows7のインターネットプロトコルバージョン4設定にある[IPアドレスを自動的に取得する]を解除し、 IPアドレスはMELSEC iQ-Fと重複しない任意の値を設定します。 なお、サブネットマスクが255.255.255.0の場合、前3個(第1~第3オクテット)をMELSEC iQ... 詳細表示

    • FAQ番号:24203
    • 公開日時:2018/10/15 11:35
    • 更新日時:2018/10/22 08:45
  • Ethernet接続のケーブルについて

    Ethernet規格対応品ケーブル カテゴリ5以上(STPケーブル)を使用可能です。 ※ストレートケーブルが使用可能です。パソコンと直結接続する場合は、クロスケーブルも使用可能です。 詳細表示

    • FAQ番号:24179
    • 公開日時:2018/10/15 11:35

45件中 1 - 10 件を表示