• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 サーボシステムコントローラ 』 内のFAQ

249件中 71 - 80 件を表示

前へ 8 / 25ページ 次へ
  • 位置追従制御で指定した複数の位置決めアドレスに確実に追従させる方法は?

    位置追従制御は、1回の始動でサーボプログラム中で指定したワードデバイスに 設定されたアドレスへ位置決めを行います。始動中に位置決めアドレスが変更され た場合には、変更された時点から、変更されたアドレスに位置決めを行います。 複数の位置決めアドレスに対して、確実に位置決めさせていくには、位置決めア ...

  • 位置決め始動番号

    下記の内容となります。1~600 : 位置決めデータNo.7000~7004 : ブロック始動指定No.9001 : 機械原点復帰9002 : 高速原点復帰9003 : 現在値変更9004 : 複数軸同時始動

    • FAQ番号:16124
    • 公開日時:2012/08/24 19:41
    • カテゴリー: QD77MS  ,  QD75M  ,  QD75MH  ,  LD77MH
  • BYSY信号

    BUSY信号はONしますが、ON時間が短いため、シーケンスプログラムでONを検出できない場合があります。

  • degreeの単位設定での無限長送り

    位置決め用データの固定パラメータ設定にて、ストロークリミット上/下限設定 を同一の値にすることで、無限長送りの制御ができます。 例1) Qシリーズ [固定パラメータ] 単位設定 2 1回転パルス数 ...

  • インチング

    “Cd.16 インチング移動量”を設定後、正転JOG始動信号、または逆転JOG始動信号をONしてください。

  • S字比率の設定方法

    サーボプログラム中にパラメータブロックNo.を設定した場合、指定したパラメータブロックNo. のパラメータで位置決め制御されます。 但し、サーボプログラム中に設定項目(加速時間、減速時間、S字比率等)を追加して いる場合は、追加している項目の設定値が最優先されます。 従って、この場合はサーボプログラム...

  • 仮想補助入力とは

    1.仮想モードのメカ機構プログラムの1つです。 2.使用可能な駆動モジュールは、仮想サーボモータと同期エンコーダです。 3.メインシャフトからの回転に対して、仮想補助入力軸の仮想サーボまたは 同期エンコーダから、補助軸用ギヤおよびディファレンシャルギヤを介し て加算/減算の回転を加えます。

  • JOG速度

    JOG速度は、始動前に “Cd.17 JOG速度”を設定してください。 始動中に速度を変更する場合は、速度変更機能により速度を変更してください。

  • 速度・位置切換え制御のCHANGE信号について

    起動時にCHANGE信号と速度・位置切換え許可指令によって以下の動作となります 。 CHANGE信号      速度・位置切換え許可指令 動作内容 A     OFF OFF          速度制御−>位置制御 B ...

  • 剰余計算

    除算A/B=−1/3=0 剰余を求める計算は A%B=A−B*INT(A/B)=−1%3=-1−(3×0)=-1 という計算式になっています。

249件中 71 - 80 件を表示