ここから本文

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 垂直多関節ロボット 』 内のFAQ

112件中 61 - 70 件を表示

前へ 7 / 12ページ 次へ
  • ドアスイッチ開放信号ライン異常エラー(H0039)

    (1)EMGINコネクタのドアスイッチ配線が二重化されているか確認してください。 SD/SQシリーズの場合、「8A-9A間」と「8B-9B間」にそれぞれ接続してください。 (2)コントローラ内部では非常停止回路が冗長化(2重化) されていますので、非常停止スイッチは2接点タイプのスイッチをご使用ください。 ・外... 詳細表示

    • FAQ番号:12084
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • ティーチングボックスでのサーボON

    (1)エラーが発生していないか確認してください。 (2)停止信号が入っていないか確認してください。 (3)サーボOFF信号が入っていないか確認してください。 (4)ティーチングボックスがイネーブル状態になっているか確認してください。 (5)EMGINコネクタのイネーブリングデバイス入力が配線され、信号がONである... 詳細表示

    • FAQ番号:12077
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • シーケンサCPUとロボットCPUの取付方法(SQシリーズ)

    空けて取り付けることは可能です。ただしその場合は、シーケンサのPCパラメータのI/O割付設定で対象スロットを「空き」に設定してください。 ※ロボットの共有メモリの割付は取り付けるスロットにより変化しますので注意してください。 詳細表示

    • FAQ番号:12067
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • プログラムがリセットできない

    (1)停止信号(STOP)が入っていないか確認してください。 (2)ロボットプログラムが実行中でないか確認してください。 詳細表示

    • FAQ番号:12013
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • Fシリーズ以降でS/SD・SQのプログラムを流用した場合

    Fシリーズ以前の機種で作成したプログラムをF・FRシリーズに流用した場合、パラメータ「MVTERM」の設定が"1"となっていないか確認下さい。本パラメータが、"1"の場合は起動後「Cnt 1」コマンド実行時相当の動作となります。詳細はCnt 無効時の動作命令終了条件指定「MVTERM」を参照ください。 詳細表示

    • FAQ番号:37996
    • 公開日時:2020/09/30 10:04
  • RT ToolBox3、RT ToolBox2のオシログラフ表示

    通信設定および、接続状態の確認が必要です。 Windowsファイアウォールの設定で、RT ToolBox3/RT ToolBox2(MELFA_RT.exe)の受信を許可するように変更してください。 設定方法についてはRT ToolBox3⇒RT ToolBox3/RT ToolBox3mini取説の27.1.... 詳細表示

    • FAQ番号:37993
    • 公開日時:2020/09/29 16:51
  • MELSENSORビジョンカメラとの接続

    MELSENSORビジョンカメラと接続し、通信をおこなうためのRT ToolBox3の設定については、下記資料 「産業用ロボットMELFA ビジョンカメラとの接続方法」を参照してください。 産業用ロボットMELFAビジョンカメラとの接続方法.pdf 詳細表示

    • FAQ番号:37991
    • 公開日時:2020/09/29 16:50
  • 安全機能の確認方法

    状態変数「M_SfSts」にて現在有効となっている機能が確認可能です。 M〇〇=M_SfSts(△△) にて機No.△△の機能が有効であればM〇〇に"1"が、無効であれば"0"が代入されます。機能No.は、STO⇒1、SOS⇒2、SS1⇒3、SS2⇒4、SLS1⇒5、SLS2⇒6、SLS3⇒7、SLSM⇒8、S... 詳細表示

    • FAQ番号:37986
    • 公開日時:2020/09/29 16:48
  • ハンドインタフェースのシンク/ソース切り換え

    パラメータ「HIOTYPE」で内蔵エアハンドインタフェースの電気的仕様(ソース/シンク)を設定します。ご使用になるソレノイドバルブなどの仕様に合わせて設定してください。 設定値は0:ソース/1:シンクです。 詳細表示

    • FAQ番号:18027
    • 公開日時:2014/04/15 13:15
  • MELSEC-FシリーズとロボットをCC-Link接続したい。

    MELSEC-Fシリーズの場合、形名「FX3U-16CCL-M」のCC-Linkユニットを使って接続できます。 ロボットの「CC-Linkインタフェース」はインテリジェントデバイス局の子局仕様です。したがって、ロボットに接続できるのは、インテリジェントデバイス局に対応したマスタ局のみです。 詳細表示

    • FAQ番号:18013
    • 公開日時:2014/03/20 17:44

112件中 61 - 70 件を表示