• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 MELSEC-Fシリーズ 』 内のFAQ

239件中 81 - 90 件を表示

前へ 9 / 24ページ 次へ
  • パルス出力ブロック FX3U-1PGとFX2N-1PGの端子配列

    同じです。

    • FAQ番号:16473
    • 公開日時:2012/11/21 11:02
    • カテゴリー: FX3U  ,  FX3UC  ,  FX2N  ,  FX2NC
  • FX1Nのサービス電源の容量は?

    DC24V 400mAです。

    • FAQ番号:12241
    • 公開日時:2012/02/23 23:04
    • カテゴリー: FX1N
  • FXシーケンサの端子台の脱着

    FXシーケンサ基本ユニットの端子台タイプは、下記になります。 ただし、交換される場合は、同一型名である必要があります。 ・FX1Sシリーズは、脱着できません。 ・FX1N/FX3Gシリーズは、脱着可能です。 ・FX2N/FX3Uシリーズ16点タイプを除き、脱着可能です。

  • アナログ入力の選択

    1チャンネル単位で、アナログの種類(温度/電圧/電流)や オフセット/ゲインを設定できます。

  • FX1のプログラムデータの流用について

    ソフト上で機種変更して使用可能です。 GX Developerのばあいは、 「プロジェクト」-「PCタイプ変更」で 変換できます。変換後のデバイス、命令の見直しは必要です。 また、パソコンとシーケンサ間の接続ケーブルでシーケンサ側が D-SUB25Pin→MINI-DIN8Pinに変更する必要があります。

  • 出力用COM端子の扱い

    シーケンサの出力素子の構成には、1点/2点/4点/8点のコモン単位があり、 それぞれの共通ライン毎にCOM0以降の番号が決められています。 配線上はCOM端子単位で異なる電圧を扱うことができます。

  • F1/F1Jシーケンサの内蔵バッテリの形名は?

    F2-40BLです。

  • 速い(短い)入力の取りこぼし

    シーケンサが入力を確実に取り込むためには 入力フィルタ時間(10ms)+1演算時間のON幅とOFF幅が 必要です。これよりも短い場合は、フィルタ調整機能、 割込み機能、パルスキャッチ機能あるいは 高速カウンタを使用してください。

  • 増設ブロックの+24V端子の接続

    AC電源タイプでは、基本ユニットの24+側の端子に接続します。 また、DC電源タイプでは外部電源の+24V側に接続します。 詳細は各製品のマニュアルをご確認ください。

    • FAQ番号:12120
    • 公開日時:2012/02/23 23:04
    • カテゴリー: FX2N
  • FX3GシーケンサとFX3U-ENET-ADPの接続

    FX3G-CNV-ADPが必要です。 ※ 他の特殊アダプタと併用する場合は、FX3U-ENET-ADPは    最終段(左端)に接続するようにしてください。

    • FAQ番号:16974
    • 公開日時:2013/01/17 19:46
    • カテゴリー: FX3G

239件中 81 - 90 件を表示