• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 変圧器・進相コンデンサ設備 』 内のFAQ

169件中 161 - 169 件を表示

前へ 17 / 17ページ 次へ
  • 回路電圧

    使用可能ですが、定格容量が440Vで使用した場合と比べ(420/440)^2=0.91倍 とやや小さく なります

    • FAQ番号:12992
    • 公開日時:2012/03/28 21:15
    • カテゴリー: KK-1
  • 鉄心の材料

    一般的に配電用変圧器では、薄い絶縁皮膜を施した電磁鋼板を使用します。

  • 変圧器の日常点検について

    日常点検では運転中に外観を点検することにより正常な運転を確認し、もし事故の徴候があれば早期に検出して、事故の拡大を防ぐために行うものです。

  • KLB−SBの容量

    最小50kvarから製作可能ですので、75kvarでも製作可能です。

    • FAQ番号:13005
    • 公開日時:2012/03/28 21:15
    • カテゴリー: KLB-SB
  • サ−ジコン用PF

    サ−ジ吸収用コンデンサは標準の進相コンデンサと比べ、設計的に余裕があるので一般的には 保護の必要はありません。但しお客様判断の上でPFを使用される場合はこの限りではありません。

    • FAQ番号:13004
    • 公開日時:2012/03/28 21:15
    • カテゴリー: KS-2
  • 機器更新周期

    JEMA(日本電機工業会)では、高圧SC・SRの更新推奨時期を15年としております。

    • FAQ番号:12982
    • 公開日時:2012/03/28 21:15
    • カテゴリー: KL-8
  • コンデンサの倒立使用

    倒立使用については不可につき、正立使用でお願いします。

    • FAQ番号:18360
    • 公開日時:2014/11/21 17:16
    • カテゴリー: KL-8
  • μF品対応の直列リアクトル

    負荷直結用コンデンサ(μF品)に直列リアクトルは製作可能ですが、特殊品となり個別対応とな ります

    • FAQ番号:12995
    • 公開日時:2012/03/28 21:15
    • カテゴリー: MG-2
  • 塵埃の多い環境での使用について

    ブッシング部分全体を覆うようにした、端子箱付変圧器が適します。 ブッシングがい管やケーブル端末部分の表面に塵埃が付着することにより、表面せん絡が発生します。端子箱付変圧器であれば塵埃からの保護と同時に、充電部が外部に露出しなくなるため感電防止にも効果があります。

169件中 161 - 169 件を表示