• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

ご質問内容

  • FAQ番号 : 18386
  • 公開日時 : 2014/12/26 16:30
  • 印刷

変圧器の更新による二酸化炭素排出削減について

変圧器の更新でCO2削減と強調していますが、どうして削減が可能なのですか。
カテゴリー : 

回答

CO2は発電所等で電気エネルギーを発生させる過程において発生し、また発生させた電気エネルギー量の増加に伴い発生するCO2の量も増加します。変圧器使用時には、電圧を変換させる際に電気エネルギーの一部が熱として失われ、つまり変圧器の電力損失が生じることにより、CO2を発生させています。
そのため、変圧器で発生する損失を抑えることは、CO2排出量の削減になるといえます。
例として、現在発売中のトップランナー変圧器は、昔の変圧器と比べ損失が低減された製品であり、CO2排出量の削減に大きく貢献します。
製品名 : 
配電用変圧器
シリーズ : 
全シリーズ
疑問・問題は解決されましたか?

解決されない場合はこちらよりご質問ください。

仕様・機能に関するお問い合わせ

アンケート:
ご意見をお聞かせください