• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

ご質問内容

  • FAQ番号 : 17910
  • 公開日時 : 2014/02/24 19:13
  • 印刷

設定・モニタツールの設定情報(ロジック,I/O構成)のインポート/エクスポート機能について

実機のCPUユニットはWS0-CPU1ですが、設定モニタツールで作成したプロジェクトではWS0-CPU0を選択していました。
作成したロジックを削除せずに、CPUタイプやリビジョンを変更することはできますか?
カテゴリー : 

回答

はい、設定のインポート/エクスポート機能を使うことにより、CPU以外のハードウェア設定情報およびロジックエディタ情報を保存/読込することができます。
設定情報を保存するには、ハードウェア設定画面上の設定エリア内にあるCPUユニットを右クリックして「設定をエクスポート」を選択します。その後、新規プロジェクトで正しいCPUユニットタイプまたはリビジョンを選択した後、同様に右クリックして「設定をインポート」を選択して、保存した設定情報を読込んで下さい。
製品名
MELSEC-QS/WS
シリーズ
安全コントローラ
疑問・問題は解決されましたか?

解決されない場合はこちらよりご質問ください。

仕様・機能に関するお問い合わせ

アンケート:
ご意見をお聞かせください