『 ACPU 』 内のFAQ

42件中 1 - 10 件を表示

前へ 1 / 5ページ 次へ
  • CC-Linkのマスタ局とローカル局のパラメータ設定について

    ローカル局側もパラメータ設定が必要です。

    • FAQ番号:16821
    • 公開日時:2013/01/09 12:44
  • CC-Linkケーブルの抵抗値について

    使用するケーブルの種類により、接続する終端抵抗の値が異なります。・Ver1.10対応CC-Link専用ケーブル    :110Ω、1/2W・CC-Link専用ケーブル(Ver1.00)     :110Ω、1/2W・CC-Link専用高性能ケーブル(Ver1.00) :130Ω、1/2W

    • FAQ番号:16825
    • 公開日時:2013/01/17 09:41
  • CC-LinkのSLDとFGの配線について

    FGは各局で接地してください。SLDとFGは内部で短絡しています。

    • FAQ番号:16831
    • 公開日時:2013/01/09 12:40
  • USB/RS-422変換器使用時に「使用できないCOMポートが設定されてい...

    GX Developerの接続先指定で、パソコン側I/FのCOMポートにUSB/RS-422変換器が使用しているCOMポートが設定されていません。WindowsのデバイスマネージャでUSB/RS-422変換器が使用しているCOMポートを確認して、GX Developerの接続先指定に設定してください。

    • FAQ番号:17439
    • 公開日時:2013/06/05 08:25
  • CC-Linkのマスタ局と子局の配線順について

    マスタ局と子局の接続位置に制約はありません。(局番順に接続する必要はありません。)このため、マスタ局が真ん中の接続も可能です。

    • FAQ番号:16837
    • 公開日時:2013/01/09 12:42
  • ブランクカバー(QG69L)について

    QラージベースにQシリーズユニットを装着すると約1cmの隙間ができます。ブランクカバー(QG69L)をQシリーズユニットを装着することでスロット間の隙間を無くすことができ、振動・衝撃防止と強度アップの役目を果たします。

    • FAQ番号:16933
    • 公開日時:2013/01/17 09:23
  • A1SJ71UC24からQJ71C24Nに置換え時のMCプロトコルについて

    A互換1CフレームでQJ71C24Nシリーズにアクセス可能ですが、下記の制約があります。AnCPU、AnNCPU、AnACPU、AnUCPUに存在するデバイスと同じ名前のデバイスのみアクセスできます。以下のデバイスへは、相手機器からアクセスすることができません。・Q/L/QnACPUで新たに増えたデバイス・ラッチ...

    • FAQ番号:16773
    • 公開日時:2013/01/08 19:55
  • CC-Linkで使用するケーブルについて

    CC-Link専用ケーブルになります。汎用ケーブルは使用できません。

    • FAQ番号:16823
    • 公開日時:2013/01/17 09:37
  • CC-Linkのローカル局とリモートI/O局の通信について

    リモートI/O局からの入力は、ローカル局でも受信可能です。リモートI/O局への出力は、マスタ局のみで可能です。

    • FAQ番号:16814
    • 公開日時:2013/01/08 19:56
  • AJ71UC24からQJ71C24Nに置換え時のFROM/TO命令について

    入出力信号とバッファメモリアドレスの変更は必要ですが、FROM/TO命令とX/Y信号で送受信可能です。

    • FAQ番号:16799
    • 公開日時:2013/01/08 19:39

42件中 1 - 10 件を表示