『 ACPU 』 内のFAQ

42件中 31 - 40 件を表示

前へ 4 / 5ページ 次へ
  • Qラージ入出力ユニットと変換アダプタについて

    Qラージベースユニットは、Qラージ入出力ユニットと変換アダプタを混在して使用可能です。ただし、2スロットタイプの変換アダプタは、Qラージベースユニットでは使用できません。

    • FAQ番号:16930
    • 公開日時:2013/01/17 09:05
  • Qラージ入出力ユニットの品揃えについて

    リニューアルツール(三菱電機エンジニアリング製)の変換アダプタを使用することで、16点・32点端子台タイプの入出力ユニットが、配線変更なしで置換えが可能となります。Qラージユニットと変換アダプタ活用を組み合わせることで置換えが容易になります。変換アダプタ使用例

    • FAQ番号:16929
    • 公開日時:2013/01/17 09:23
  • QnUDVCPUでQA6ADP使用について

    QA6ADP形QA変換アダプタユニットとA大形増設ベースは、ユニバーサルモデル高速タイプQCPUで使用が可能です。

    • FAQ番号:17153
    • 公開日時:2013/03/04 14:41
  • AQ置換え時の配線流用方法について

    ベースユニットに装着する入出力ユニットは32点/64点コネクタタイプを選定して、外部にコネクタ/端子台変換ユニットを使用することで既設圧着端子付き電線を流用することが可能です。コネクタ/端子台変換ユニット(例:A6TBXY36など)は電線サイズが2㎜2まで対応可能であり、電線サイズを意識する必要はありません。シー...

    • FAQ番号:16939
    • 公開日時:2013/01/17 09:24
  • 変換アダプタ(三菱電機エンジニアリング)未使用について

    ネットワークユニットなど変換アダプタを使用しないユニットなども混在で装着可能です。この場合は、ブランクカバー(QG69L)が必要です。

    • FAQ番号:16934
    • 公開日時:2013/01/17 09:44
  • 変換アダプタ(三菱電機エンジニアリング)のオプション品について

    Qラージベースユニットは、A(大形)ベースユニットのスロット幅です。Qシリーズユニットを装着すると隙間ができるため、隙間調節用のブランクカバー(QG69L)が必要です。

    • FAQ番号:16932
    • 公開日時:2013/01/17 09:05
  • Qラージ入出力ユニットの仕様について

    AQ置換えユニットを選定する時に、既設A(大形)ユニットと同等仕様です。コモン点数や入力定格電流などは同一であり、外部接続機器の仕様を意識せずに置換えが可能です。

    • FAQ番号:16928
    • 公開日時:2013/01/17 09:04
  • Qラージベースの増設ベースユニットについて

    電源ユニット不要の増設ベースユニットは、すべて基本ベースユニットの電源ユニットから供給します。増設ケーブルによる電圧降下があり、増設ケーブル長・増設段数・ユニット消費電流などで規定電圧を供給できないことがあります。このため、標準タイプ増設ベースユニットを含め、電源不要増設ベースは5スロット分までの品揃えとなります。

    • FAQ番号:16926
    • 公開日時:2013/01/17 09:04
  • Qラージベース対応のユニットについて

    CPU、電源ユニットはQシリーズ標準品を使用します。Qラージベース専用品ではありません。

    • FAQ番号:16924
    • 公開日時:2013/01/17 08:58
  • Qラージベース対応のCPUについて

    使用できるCPUタイプは下記CPUです。 ・ハイパフォーマンスモデルQCPU ・ユニバーサルモデルQCPU (ユニバーサルモデル高速タイプQCPUを含む)  ただし、Q00UJCPUは使用できません。 ・MELSECNET/HリモートI/O局ベーシックモデルQCPU、プロセスCPU、二重化CPU、マルチCPU構成...

    • FAQ番号:16923
    • 公開日時:2013/01/17 08:58

42件中 31 - 40 件を表示