• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

ご質問内容

  • FAQ番号 : 14260
  • 公開日時 : 2012/03/28 21:15
  • 印刷

アナログ−デジタル変換ユニットのA/D変換許可・禁止設定について

ユニットの立上がり後,対象チャンネルを変えながらA/D変換許可・禁止設定を行
いデータを取り込んでいるのですが,正しいデータを取り込めないことがあります。
ユニットの立上がり後にA/D変換許可・禁止の設定を行ってもよいのですか?
カテゴリー : 

回答

アナログ−デジタル変換ユニットの立上がり時にのみ,A/D変換許可・禁止設定を行
ってください。
アナログ−デジタル変換ユニットの立上がりタイミングは,A/D変換READY信号
を使用してください。

例)チャンネル1,2のみA/D変換許可にする場合
(下図参照)

《補足説明》
アナログ−デジタル変換ユニットの立上がり後にA/D変換許可・禁止設定を行ったと
きは,バッファメモリに正しいデータが格納されないことがあります。

図1
製品名
MELSEC-AnS/QnASシリーズ
製品分類
A0J, A2C, AnN, AnA, AnU, AnS, A2US
シリーズ
A/D変換ユニット
疑問・問題は解決されましたか?

解決されない場合はこちらよりご質問ください。

仕様・機能に関するお問い合わせ

アンケート:
ご意見をお聞かせください