• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

ご質問内容

  • FAQ番号 : 14363
  • 公開日時 : 2012/03/28 21:15
  • 印刷

AD75のエラーコードによるエラーの確認法

回答

エラーは,下記入力番号とバッファメモリの内容で確認できます。
 ・軸1:XB,バッファメモリのアドレス  807
 ・軸2:XC,     〃        907
 ・軸3:XD,     〃       1007

《補足説明》
バッファメモリのアドレス624〜687にエラーコードの履歴が最大15格納されま
す。
過去に発生したエラー内容を確認する場合に使用できます。

《注意事項》
バッファメモリは,バックアップされていません。
このため,エラー発生後電源の再立ち上げまたはシーケンサCPUのリセットを行うと
バッファメモリのエラーコード,エラー履歴はクリアされます。
製品名
MELSEC-AnS/QnASシリーズ
製品分類
AnN, AnA, AnU, AnS, A2US, QnA, Q2AS
シリーズ
位置決めユニット
疑問・問題は解決されましたか?

解決されない場合はこちらよりご質問ください。

仕様・機能に関するお問い合わせ

アンケート:
ご意見をお聞かせください