• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

ご質問内容

  • FAQ番号 : 14492
  • 公開日時 : 2012/03/28 21:15
  • 印刷

A6TELを使用したリモートメンテナンスについて

A6TELをMELSECNETの親局に接続し,周辺機器から親局と子局のプログラ
ムのリモートメンテナンス(監視とRUN中書き込み)を行いたいのですが,問題はないで
すか?
カテゴリー : 

回答

親局,子局のプログラムの変更は,リモートメンテナンスの場合、周辺機器側でCPUの制
御状態がわかりませんので,異常時にCPU側で対処できるようにした後行ってください。

《備 考》
A6TELをMELSECNETの親局に接続した場合に実行できる機能を下記に示し
ます。

(1)親局に対しては,周辺機器とCPUをRS−422ケーブルで接続した場合と同一機
能を実行できます。
・プログラムのUP,DOWN LOAD
・モニタ
・テスト
・リモートRUN,STOP,PAUSE
を行うことができます。
プログラムのRUN中書込みを行うこともできます。

(2)子局に対しては,
・プログラムのUP,DOWN LOAD
・モニタ
・テスト(PCメモリ,デバイスメモリオールクリアは除く)
・リモートRUN,STOP,PAUSE
・を行うことができます。
ただしMELSECNETの制約でRUN中書込みはできません。
製品名
MELSEC-AnS/QnASシリーズ
製品分類
AnU, AnA, AnN, A2US, AnS, A2C, A0J2
シリーズ
その他
疑問・問題は解決されましたか?

解決されない場合はこちらよりご質問ください。

仕様・機能に関するお問い合わせ

アンケート:
ご意見をお聞かせください