ここから本文

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

ご質問内容

  • FAQ番号 : 14498
  • 公開日時 : 2012/03/28 21:15
  • 印刷

実入出力点数以降のX/Yデバイスの用途について

A2USCPUユーザーズマニュアル(詳細編)では,
入出力デバイス(実入出力点数以降分)の用途として
 ・MELSECNET/10リモートI/O用
 ・MELSECNET/MINI−S3用
 ・CC−LINK用
が記載されています。

A2USCPUで入出力デバイスは,MELSECNET(/B)
データリンクシステムのリモートI/O局用として使用できますか?
カテゴリー : 

回答

A2USCPUの入出力デバイス(実入出力点数以降分)は
MELSECNET(/B)データリンクシステムのリモートI/O局用
としても使用できます。

(A2UCPU,A3UCPU,A4UCPUも入出力デバイスを
MELSECNET/Bに使用できます。)
製品名
MELSEC-AnS/QnASシリーズ
製品分類
AnU, A2US
シリーズ
CPU
疑問・問題は解決されましたか?

解決されない場合はこちらよりご質問ください。

仕様・機能に関するお問い合わせ

アンケート:
ご意見をお聞かせください