• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

ご質問内容

  • FAQ番号 : 14522
  • 公開日時 : 2012/03/28 21:15
  • 印刷

自己診断機能の個別エラーフラグのONについて

1.MELSEC−Aシリーズの自己診断には,メモリ異常,CPU異常,入出力異常,
  特殊機能ユニット異常,バッテリーエラー,演算チェックエラーがありますが,
  これらの項目でどれかに異常があれば,特殊リレーのM9008(自己診断エラー)
  がONしますか?

2.また,バッテリ低下の場合は特殊リレーのM9006(バッテリー低下)とM9008
 (自己診断エラー)の両方がONしますか?
カテゴリー : 

回答

1.M9008が、ONします。
  M9008がONすると,D9008にエラーコードが格納されます。

2.バッテリエラーの場合は,M9008がONすると同時にM9006とM9007も
  ONします。
  個別のエラーフラグには,バッテリエラーのほかに
  ・ヒューズ断(M9001)
  ・入出力ユニット照合エラー(M9000)
  ・演算エラー(M9010,M9011)
  があります。

 *使用するCPUによっては上記エラーフラグで検出しない異常もあります。
 エラーフラグの有無は,使用するCPUユニットのユーザーズマニュアルを
 参照ください。
製品名 : 
MELSEC-AnS/QnASシリーズ
製品分類 : 
A0J, A2C, AnN, AnA, AnU, AnS, A2US, A3VTS
シリーズ : 
CPU
疑問・問題は解決されましたか?

解決されない場合はこちらよりご質問ください。

仕様・機能に関するお問い合わせ

アンケート:
ご意見をお聞かせください