• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

製品について

『 FREQROL-A800 』 内のFAQ

162件中 21 - 30 件を表示

前へ 3 / 17ページ 次へ
  • 正弦波フィルタについて

    正弦波フィルタはV/F制御時のみ適用可能です。Pr.72PWM周波数選択=25に設定すると自動的にV/F制御となります。また、適用できる出力周波数は60Hz以下となります。

    • FAQ番号:18316
    • 公開日時:2014/09/30 18:29
  • DCリアクトルの流用について

    スペック的には流用可能ですが、製造から10年以上経っていると思われますので、リアクトルとインバータの同時更新をお奨めいたします。

    • FAQ番号:18789
    • 公開日時:2015/06/24 13:17
  • DC24V電源供給について

    制御回路の電源を外部24V電源から入力(端子+24―SD間に接続)する場合はR1,S1の短絡片は外さないでください。短絡片は、制御回路の電源を別電源(200V/400V)とする場合に外してください。※外部24V電源は主回路電源OFF時の制御電源バックアップとして動作するため、 主回路電源で動作しているときは外部2...

    • FAQ番号:18310
    • 公開日時:2014/09/30 18:24
  • ドループ制御について

    ゼロ速制御でもドループ制御は有効です。なおサーボロック時は無効となります。 Pr.288(ドループ機能動作選択)≠2のとき、マイナス出力は0Hzでリミットされます。 Pr.288=2のとき、マイナス出力は0Hzでリミットされません。

    • FAQ番号:19998
    • 公開日時:2018/04/13 16:36
  • 制御端子台について

    オプション:FR-A8TAT(制御回路端子台取付互換アタッチメント)を付ければ使用可能です。(一部機能に制限があります。詳細は取扱説明書を参照願います。)

    • FAQ番号:18297
    • 公開日時:2014/09/30 18:17
  • FR-A200EからFR-A800への置換について

    FR-EPDはRLF(正転方向出力端子)、RLR(逆転方向出力端子)を使って正逆を出力できます。 それに対して、FR-A800ではY30(正転中)、Y31(逆転中)を出力するにはベクトル制御オプションFR-A8APが必要になるためです。 正転、逆転動作が必要となるのがPID制御中のみの場合、RL出力信号(PI...

    • FAQ番号:20333
    • 公開日時:2018/07/06 14:59
  • FR-A800/F800の運転モード切替えについて

    Pr.551=3(PU運転時、USBコネクタに指令権)の設定になっている場合やUSBが接続されている場合は切替わりません。

    • FAQ番号:19538
    • 公開日時:2017/04/03 15:41
  • 多重定格について

    負荷レベル、周囲温度など、使用する用途に合わせた設定を行なうことで、条件によっては従来よりインバータ容量を低減できる場合がありコスト低減、省スペース化が図れます。

    • FAQ番号:17978
    • 公開日時:2014/03/05 17:21
  • 出力遮断時の残留電圧について

    回転速度はほぼ影響しません。 トルクブーストを上げると増加しますが、調整の必要はありません。

    • FAQ番号:19435
    • 公開日時:2016/09/30 15:33
  • 電波法について

    電波法は電波目的で使うものに関して対象となっており、インバータはモータ駆動を目的としているので対象外です。

    • FAQ番号:19179
    • 公開日時:2015/09/28 18:17

162件中 21 - 30 件を表示